マルウェア対策

最高のアンチマルウェア

更新日:2022年 1月 16日

インターネットの世界は便利ですが、それはネットを使って悪さをする人にとっても同じです。今ではアンチウイルスソフトは標準的に装備されていますが、すべてのマルウェアから保護してくれるわけではありません。ほとんどのアンチウィルスソフトウェアはコンピュータから攻撃的な脅威を取り除くのに効果的ですが、それでもハッカーはデータを盗んだり、活動をスパイしたり、コンピュータのリソースを乗っ取ったり、機密情報を破損したり暗号化したり、さらには後でアクセスできるようにバックドアを設置したりします。

既存のアンチウィルス防衛の上に最新のアンチマルウェアのセキュリティ保護していないと標的になってしまいます。 マルウェア対策 ソフト にはどのようなものがあるのでしょうか。今日はベストな マルウェア 駆除 ソフトを一緒に探していきましょう。

ベスト マルウェア対策 ソフト を選ぶ

  • プロテクション(検出、削除可能なマルウェア)

マルウェアとは パソコンに害を及ぼす危険性のある悪意あるソフトウェアやコードのことです。ウイルス、ワーム、トロイの木馬などさまざまな種類がありますが、これらへの対策が万全かどうか マルウェア 駆除 可能かを確認することが必要です。 マルウェア対策 PC に施しましょう

マルウェア対策 ソフトに関しては、AV-ComparativesやAV-TESTなどの第三者機関によって製品ごとの検出率が公表されています。機会があればチェックしましょう。

  • ランサムウェア対策

ランサムウェアとは、利用するコンピュータやファイルを強制的にロック・暗号化することで、復元の条件とともに身代金を要求するような不正プログラムのこと。セキュリティソフトを利用することで、ランサムウェアの感染や実行をブロックできるのが特徴です。

具体的な数値は、MRGEffitasといった第三者機関によって公表されているので マルウェア対策 比較 で確認してみましょう。

  • ネットバンク保護

マルウェア とは ネット上のアクティビティの様々な面に及びます。ネットバンク保護とは、ネットバンキングを利用した不正送金を予防するための機能のこと。攻撃者はキーボードへの入力情報からIDやパスワードを盗んだり、偽のバンクサイトへアクセスさせて個人情報の入力を促したりします。

マルウェア対策 ソフトがネットバンク保護機能に対応していると、銀行や証券会社などのサイトをより安全な状態で利用できるのがメリットです。

  • 検出された脅威に対する効果性

マルウェアからパソコンを防御する能力を示します。電子メールや、悪意のあるウェブサイトを想定したテスト、コンピュータ内のマルウェアの検出力、ゼロデイ攻撃に対する防御力などを調べるテストが行われています。カスペルスキーはあらゆる攻撃からデバイスを保護できるおすすめのセキュリティソフトです。「ハイブリッドプロテクション」を採用して、端末上のセキュリティ技術だけでなくクラウド上のデータを活用することで、より精度の高い検知を実現しているのがポイントです。ノートン、カスペルスキーが検査機関のテストでトップクラス、Aviraも高い防御力を持っています。

マルウェア対策 ソフト

  • システムインパクト

コンピュータの利用中、セキュリティソフトは常に マルウェア 駆除 のためにPCを監視しています。そのため、ウェブの閲覧時、ファイルのコピー、アプリの起動、ダウンロードでは マルウェア 削除 のためPCの速度が低下します。動作速度はマルウェアの検出能力と関係し、必ずしも最速が良いとは言えません。製品ごとの差となって表れるのは、ウェブ閲覧、アプリの起動です。特にウェブ閲覧速度は重要で、表示速度の低下率が10%以上の差になることがあります。続いてウェブ閲覧時の速度低下率を示します。サードパーティーの実験の結果、トップはノートン、マイクロソフト、続いて、Avira、マカフィーが他製品よりも特に優れていました。

  • 使いやすさ、インターフェース マルウェア対策 おすすめ

マルウェア 駆除 ソフトはPCのバックグラウンドで作動するものなので、使いにくいものというのはないかもしれません。しかし、ポップアップ画面などに邪魔されたくないと思うことがあるかもしれませんが、そんな時は緊急でないポップアップやスケジュールスキャンを停止する「サイレントモード」などを搭載したものがお勧めです。ウイルスバスターなどにはそのような機能がついています。

ノートンセキュリティは老舗ノートンライフロックのマルウェア対策 ソフトです。防御力は群を抜いており、最高の評価をいくつも受けた実力があります。ノートン360はアンドロイドやiOSといったスマホにも対応しているのでとても使いやすく マルウェア対策 おすすめ です。

  • 価格

マルウェア 駆除 ソフトの使用料を極力抑えたいと思っている方は、3年版や4年版といった複数年で契約できる製品を選択するのが最適です。契約期間が長くなればなるほど、1年あたりにかかる料金を抑えられる傾向にあります。また、スマホやタブレットなど複数台での利用を検討している方は、製品のインストール可能台数を確認しましょう。McAfeeアンチウイルスはリリースされて以来、個人・法人問わず世界中のユーザーに利用されているウイルス対策ソフトです。料金は1年版が標準価格8,980円、3年版が標準価格1万6,480円となっています。台数制限がなく、PC・スマートフォン・タブレット問わず、インストールする端末をいくら増やしても支払う金額は変わらないのでコストパフォーマンスに優れています。。

  • カスタマーサポート

製品の導入時や設定変更時など、セキュリティソフトを利用するうえで疑問やトラブルが生じる可能性があります。その場合にスムーズに対応できる体制が整っていると安心です。セキュリティソフトメーカーでは、メール対応を行っていることがほとんどです。よりリアルタイムな対応を求める方は、電話やチャットで問い合わせを行えるか、平日だけでなく休日にも受け付けているか、といった点に着目しましょう。

マルウェア対策 ソフト

なぜアンチマルウェアを使う必要がありますか?

マルウェア対策 とは ウイルスだけに限りません。セキュリティの専門家による予測では、仮想通貨の採掘プログラムや他の危険なウィルスに既に増加傾向が見られていることから、来年は事態がさらに悪化するとのことです。さらに、ランサムウェアやトロイ、その他のマルウェアの開発者が自らの作成する脅威に改良を加えてきていることも忘れてはなりません。 マルウェア対策 PC は必須です。そこで、2021年には、インターネット接続を持つ方なら誰もが、自らのデータを犯罪者から守るためにアンチマルウェアソフトを考えねばなりません。 マルウェア チェック を定期的に行い、安全であるかどうかを確認する必要があります。

無料のアンチマルウェアは基本的な保護のみ

無料のマルウェア対策 ソフトはベーシックな機能しかついておらず、検出しても削除するために有料版を購入するように勧めてくるものが多く、面倒な広告のポップアップが出現するものも多いです。また有料ソフトを購入してインストールするほうがより多種類のマルウェアを検出・駆除できます。無料のスキャンツールは応急処置と考えたほうがよいかもしれません。ほとんどのソフトが30日間無料で マルウェア チェック 利用できるので、さらに使ってみようと思ってから購入してもよいでしょう。

その他のマルウェアを阻止する方法

ウイルス対策ソフトは多機能化が進んでおり、最近ではウイルス検出のほか、Wi-Fiネットワークの安全性をチェックしたり、端末の盗難・紛失を防いだりできる製品もリリースされています。自社の業務体制や想定されるリスクに応じて、相応の機能が付いたウイルス対策ソフトを選びましょう。

たとえば顧客とEメールでやりとりする機会が多い企業ならスパム対策機能が付いたソフト、フリーソフトやオープンソースのプログラムを利用することが多い会社なら、ダウンロードしたファイルのチェック機能が搭載されている製品がおすすめです。

マルウェア 駆除

FAQ

アンチマルウェアとは?

マルウェアとは パソコンに害を及ぼす危険性のある悪意あるソフトウェアやコードのこと。ウイルス、ワーム、トロイの木馬などさまざまな種類があります。 マルウェア チェック  をしてPCやデバイスを保護しなければ安全とは言えません。

アンチウイルスとアンチマルウェアソフトの違いは?

ウイルスはマルウェアの一種ですが、ウイルスではないマルウェアは他にもたくさんあります。マルウェアとは、コンピューター、デバイス、またはネットワークへの不要なアクセスを損傷、拡散、または提供するように設計された悪意のあるソフトウェアです。そういったものから マルウェア チェック をして 、マルウェア 駆除 してくれるソフトです。

自分のコンピューターがマルウェアに感染していることがどうしたらわかる?

単純なアンチウイルスは、ファイルを既知のマルウェアのディレクトリと比較することにより、ファイルが悪意のあるものであると判断します。ファイルのいずれかがアンチウイルスのディレクトリ内の既知のマルウェアと一致する場合、アンチウイルスはファイルが有害であることを通知します。これは、ほとんどの種類の既知のウイルス、トロイの木馬、ワームを検出するのに最適ですが、クリプトジャッカー、ランサムウェア、ルートキット、スパイウェアなど、マルウェアディレクトリに保存されていない新しいマルウェアファイルは検出されません。感染の最も顕著な徴候はコンピュータが減速またはクラッシュする、突然のポップアップ広告の攻撃、および何もしていないのにファイルのオープンやキーボタンが押される、または送信していないのに送信トレイ内にメールが現れるなどです。 マルウェア対策 PC を十分に行いましょう。

感染を除去するには、アンチウィルスとアンチマルウェアソフトウェアを使用してフルシステムスキャンを実行する必要があります。脅威が特定され隔離されたら、完全に削除する必要があります。コンピュータを再起動し、再度スキャンを実行してください。完全にクリアという結果が出たら安全と言えます。

アンチマルウェアはアンチウィルスソフトに変わるもの?

マルウェア対策の大手ベンダーの説明によると、ウイルスは特定の脅威であり、マルウェアは多数の脅威を含む用語であるため、どのウイルスもマルウェアですが、マルウェアはウイルスだけではありません。 マルウェア チェック 対策プログラムとは対照的にマルウェア対策はWeb上の最新の脅威に焦点を当てており、より定期的に更新されています。マルウェア対策プログラムは、オンラインの脅威と戦うのに役立ちます。 マルウェア対策 PC は必須なものになっています。

結論

ベストアンチマルウェアソフトいかがだったでしょうか。 マルウェア対策 PC を済ませて、ネットを安心して使える状況にしておきましょう。 マルウェア対策 おすすめ アンチマルウェアソフトでした。

Norton

Norton

日本でもノートンは有名ですよね。オンラインセキュリティを守りたいのなら本当に ノートンアンチウイルス ソフト1本を頼っていいのか?どちらかというとプレミアム価格をしているソフトを本当に試す価値があるのか?検証を行なってみました!ぜひ参考までにお読みください! ノートンアンチウイルスとは 1990年にピーター・ノートンがNorton アンチ ...

Malwarebytes

Malwarebytes

ウィルス対策ソフトをお探しの方は マルウェアバイト を耳にしたことがあるかもしれません。こちらはマルウェア対策だけでなく、VPNサービスも整え、業界の中でも嬉しい価格でサービスを提供しています!今回は本サービスを試してみる価値はあるのか、検証を交えながら徹底解説していきます! マルウェアバイト とはどんな会社? CEO・創立者Marcin ...

McAfee

McAfee

サイバークライムが増えている中、アンチウィルス対策は必要不可欠です。 McAfee はオールインワンソリューションとして有名で、ウィルス防止対策以外にもIDを守るネットセキュリティとVPNサービスを提供するセキュリティソフトだそうですので当サービスのレビューをしていきます! マカフィー アンチ ウイルス会社について ...

インターネットの世界は便利ですが、それはネットを使って悪さをする人にとっても同じです。今ではアンチウイルスソフトは標準的に装備されていますが、すべてのマルウェアから保護してくれるわけではありません。ほとんどのアンチウィルスソフトウェアはコンピュータから攻撃的な脅威を取り除くのに効果的ですが、それでもハッカーはデータを盗んだり、活動をスパイしたり、コンピュータのリソースを乗っ取ったり、機密情報を破損したり暗号化したり、さらには後でアクセスできるようにバックドアを設置したりします。

既存のアンチウィルス防衛の上に最新のアンチマルウェアのセキュリティ保護していないと標的になってしまいます。 マルウェア対策 ソフト にはどのようなものがあるのでしょうか。今日はベストな マルウェア 駆除 ソフトを一緒に探していきましょう。

ベスト マルウェア対策 ソフト を選ぶ
プロテクション(検出、削除可能なマルウェア)

マルウェアとは パソコンに害を及ぼす危険性のある悪意あるソフトウェアやコードのことです。ウイルス、ワーム、トロイの木馬などさまざまな種類がありますが、これらへの対策が万全かどうか マルウェア 駆除 可能かを確認することが必要です。 マルウェア対策 PC に施しましょう

マルウェア対策 ソフトに関しては、AV-ComparativesやAV-TESTなどの第三者機関によって製品ごとの検出率が公表されています。機会があればチェックしましょう。

ランサムウェア対策

ランサムウェアとは、利用するコンピュータやファイルを強制的にロック・暗号化することで、復元の条件とともに身代金を要求するような不正プログラムのこと。セキュリティソフトを利用することで、ランサムウェアの感染や実行をブロックできるのが特徴です。

具体的な数値は、MRGEffitasといった第三者機関によって公表されているので マルウェア対策 比較 で確認してみましょう。

ネットバンク保護

マルウェア とは ネット上のアクティビティの様々な面に及びます。ネットバンク保護とは、ネットバンキングを利用した不正送金を予防するための機能のこと。攻撃者はキーボードへの入力情報からIDやパスワードを盗んだり、偽のバンクサイトへアクセスさせて個人情報の入力を促したりします。

マルウェア対策 ソフトがネットバンク保護機能に対応していると、銀行や証券会社などのサイトをより安全な状態で利用できるのがメリットです。

検出された脅威に対する効果性

マルウェアからパソコンを防御する能力を示します。電子メールや、悪意のあるウェブサイトを想定したテスト、コンピュータ内のマルウェアの検出力、ゼロデイ攻撃に対する防御力などを調べるテストが行われています。カスペルスキーはあらゆる攻撃からデバイスを保護できるおすすめのセキュリティソフトです。「ハイブリッドプロテクション」を採用して、端末上のセキュリティ技術だけでなくクラウド上のデータを活用することで、より精度の高い検知を実現しているのがポイントです。ノートン、カスペルスキーが検査機関のテストでトップクラス、Aviraも高い防御力を持っています。

システムインパクト

コンピュータの利用中、セキュリティソフトは常に マルウェア 駆除 のためにPCを監視しています。そのため、ウェブの閲覧時、ファイルのコピー、アプリの起動、ダウンロードでは マルウェア 削除 のためPCの速度が低下します。動作速度はマルウェアの検出能力と関係し、必ずしも最速が良いとは言えません。製品ごとの差となって表れるのは、ウェブ閲覧、アプリの起動です。特にウェブ閲覧速度は重要で、表示速度の低下率が10%以上の差になることがあります。続いてウェブ閲覧時の速度低下率を示します。サードパーティーの実験の結果、トップはノートン、マイクロソフト、続いて、Avira、マカフィーが他製品よりも特に優れていました。

使いやすさ、インターフェース マルウェア対策 おすすめ

マルウェア 駆除 ソフトはPCのバックグラウンドで作動するものなので、使いにくいものというのはないかもしれません。しかし、ポップアップ画面などに邪魔されたくないと思うことがあるかもしれませんが、そんな時は緊急でないポップアップやスケジュールスキャンを停止する「サイレントモード」などを搭載したものがお勧めです。ウイルスバスターなどにはそのような機能がついています。

ノートンセキュリティは老舗ノートンライフロックのマルウェア対策 ソフトです。防御力は群を抜いており、最高の評価をいくつも受けた実力があります。ノートン360はアンドロイドやiOSといったスマホにも対応しているのでとても使いやすく マルウェア対策 おすすめ です。

価格

マルウェア 駆除 ソフトの使用料を極力抑えたいと思っている方は、3年版や4年版といった複数年で契約できる製品を選択するのが最適です。契約期間が長くなればなるほど、1年あたりにかかる料金を抑えられる傾向にあります。また、スマホやタブレットなど複数台での利用を検討している方は、製品のインストール可能台数を確認しましょう。McAfeeアンチウイルスはリリースされて以来、個人・法人問わず世界中のユーザーに利用されているウイルス対策ソフトです。料金は1年版が標準価格8,980円、3年版が標準価格1万6,480円となっています。台数制限がなく、PC・スマートフォン・タブレット問わず、インストールする端末をいくら増やしても支払う金額は変わらないのでコストパフォーマンスに優れています。。

カスタマーサポート

製品の導入時や設定変更時など、セキュリティソフトを利用するうえで疑問やトラブルが生じる可能性があります。その場合にスムーズに対応できる体制が整っていると安心です。セキュリティソフトメーカーでは、メール対応を行っていることがほとんどです。よりリアルタイムな対応を求める方は、電話やチャットで問い合わせを行えるか、平日だけでなく休日にも受け付けているか、といった点に着目しましょう。

なぜアンチマルウェアを使う必要がありますか?

マルウェア対策 とは ウイルスだけに限りません。セキュリティの専門家による予測では、仮想通貨の採掘プログラムや他の危険なウィルスに既に増加傾向が見られていることから、来年は事態がさらに悪化するとのことです。さらに、ランサムウェアやトロイ、その他のマルウェアの開発者が自らの作成する脅威に改良を加えてきていることも忘れてはなりません。 マルウェア対策 PC は必須です。そこで、2021年には、インターネット接続を持つ方なら誰もが、自らのデータを犯罪者から守るためにアンチマルウェアソフトを考えねばなりません。 マルウェア チェック を定期的に行い、安全であるかどうかを確認する必要があります。

無料のアンチマルウェアは基本的な保護のみ

無料のマルウェア対策 ソフトはベーシックな機能しかついておらず、検出しても削除するために有料版を購入するように勧めてくるものが多く、面倒な広告のポップアップが出現するものも多いです。また有料ソフトを購入してインストールするほうがより多種類のマルウェアを検出・駆除できます。無料のスキャンツールは応急処置と考えたほうがよいかもしれません。ほとんどのソフトが30日間無料で マルウェア チェック 利用できるので、さらに使ってみようと思ってから購入してもよいでしょう。

その他のマルウェアを阻止する方法

ウイルス対策ソフトは多機能化が進んでおり、最近ではウイルス検出のほか、Wi-Fiネットワークの安全性をチェックしたり、端末の盗難・紛失を防いだりできる製品もリリースされています。自社の業務体制や想定されるリスクに応じて、相応の機能が付いたウイルス対策ソフトを選びましょう。

たとえば顧客とEメールでやりとりする機会が多い企業ならスパム対策機能が付いたソフト、フリーソフトやオープンソースのプログラムを利用することが多い会社なら、ダウンロードしたファイルのチェック機能が搭載されている製品がおすすめです。

FAQ
アンチマルウェアとは?

マルウェアとは パソコンに害を及ぼす危険性のある悪意あるソフトウェアやコードのこと。ウイルス、ワーム、トロイの木馬などさまざまな種類があります。 マルウェア チェック  をしてPCやデバイスを保護しなければ安全とは言えません。

アンチウイルスとアンチマルウェアソフトの違いは?

ウイルスはマルウェアの一種ですが、ウイルスではないマルウェアは他にもたくさんあります。マルウェアとは、コンピューター、デバイス、またはネットワークへの不要なアクセスを損傷、拡散、または提供するように設計された悪意のあるソフトウェアです。そういったものから マルウェア チェック をして 、マルウェア 駆除 してくれるソフトです。

自分のコンピューターがマルウェアに感染していることがどうしたらわかる?

単純なアンチウイルスは、ファイルを既知のマルウェアのディレクトリと比較することにより、ファイルが悪意のあるものであると判断します。ファイルのいずれかがアンチウイルスのディレクトリ内の既知のマルウェアと一致する場合、アンチウイルスはファイルが有害であることを通知します。これは、ほとんどの種類の既知のウイルス、トロイの木馬、ワームを検出するのに最適ですが、クリプトジャッカー、ランサムウェア、ルートキット、スパイウェアなど、マルウェアディレクトリに保存されていない新しいマルウェアファイルは検出されません。感染の最も顕著な徴候はコンピュータが減速またはクラッシュする、突然のポップアップ広告の攻撃、および何もしていないのにファイルのオープンやキーボタンが押される、または送信していないのに送信トレイ内にメールが現れるなどです。 マルウェア対策 PC を十分に行いましょう。

感染を除去するには、アンチウィルスとアンチマルウェアソフトウェアを使用してフルシステムスキャンを実行する必要があります。脅威が特定され隔離されたら、完全に削除する必要があります。コンピュータを再起動し、再度スキャンを実行してください。完全にクリアという結果が出たら安全と言えます。

アンチマルウェアはアンチウィルスソフトに変わるもの?

マルウェア対策の大手ベンダーの説明によると、ウイルスは特定の脅威であり、マルウェアは多数の脅威を含む用語であるため、どのウイルスもマルウェアですが、マルウェアはウイルスだけではありません。 マルウェア チェック 対策プログラムとは対照的にマルウェア対策はWeb上の最新の脅威に焦点を当てており、より定期的に更新されています。マルウェア対策プログラムは、オンラインの脅威と戦うのに役立ちます。 マルウェア対策 PC は必須なものになっています。

結論

ベストアンチマルウェアソフトいかがだったでしょうか。 マルウェア対策 PC を済ませて、ネットを安心して使える状況にしておきましょう。 マルウェア対策 おすすめ アンチマルウェアソフトでした。

Privacyinthenetwork.com