私のIPアドレス

ネット社会に生きる今、私たちが日々利用するオンライン環境は危険になりつつあります。ネット使用時に企業会社、政府、ボットにまで監視されるケースが多発し、もはやハッカーだけを恐る時代ではなくなっています。今回は安全なネット環境を使用するためにも、自分の IP 確認 方法について紹介していきます。

使用中デバイスの IP 確認

IP:
都市:
国:
ISP:

上記では今お使いのIPが表示されています。簡単に見つかってしまうのが現状なんです。

私のIPアドレスは何ですか。そう思われる方もいます。この後も自分で実行できるIPアドレスの確認方法について簡単にご紹介していきます。

Windows IPの調べ方

  1. 画面左下のWindowsアイコンをクリック
  2. コマンドプロンプトと検索し、クリック
  3. ピングを入力
  4. コマンドを入力したかっこにIPの表示がされます

MacでIPを探す

  1. 画面右上の検索アイコンをクリック
  2. ネットワークユーティリティと検索しクリック
  3. 表示画面でトレースルートタブをクリック
  4. 確認したいウェブアドレスを入力しトレースをクリック
  5. かっこの中にIPが表示されます

このように自分でもIP Address 確認ができます。

IP アドレス と は何か・ IP 確認 をする理由について

では、私のIPアドレスは何ですか?と疑問に思われる方は以下の情報を参考にIPアドレスの見方について理解してみてください。

静的IP・動的IP

どちらもIPアドレスの割り当て方、IP 調べる方法を指します。静的IPは固定のIPであり、この専用のアドレスが勝手に変わることはありません。

ip 調べる方法について

一方、動的IPはネット使用時に一時的に配られ、ネットの使用をやめると回収されます。このIPはネット使用をする度に変わる可能性が伴い、IPをみんなで使い回すような割り当て方になります。

パブリックIP・プライベートIP

パブリックIPはネットに接続しているデバイスが使用するIPです。市町村や番地でくくられる物理的な住所のように、ネットワーク内でも同じパブリックIPを使用してデバイスの居場所がわかるようになっています。パブリックという意味合いがあるだけあって誰にでも監視されるリスクがあります。だからこそ自己のIP 確認をして対策が必要になってきます。

プライベートIPはネット上で使用することができず、プライベートネットワーク内でのみ使用できます。個人情報を守る一つの対策にもなりますので私のIPアドレスは何ですかと問いかけ理解しておきましょう。

IPv4 ・IPv6

IPv4 ・IPv6はそれぞれIPの違ったバージョンです。昔からあるのがIPv4です。0から255の数字が含まれていて4つの区切りがあるIPです。こちらが例になります。182.268.3.1」しかし、IPv4だけではわずか40億の識別番号しか作り出せないのでIPv6が必要になったわけです。

IPv6は「3001:cdbd:85a3:0707:0000:0000:3265:9875」のように4つの文字と数字の組み合わせが8つに区切られた十六進数です。IPv6はIPの最新バージョンだと考えられ識別番号を増やしているだけでなく、より速い、安全なIPでもあると考えられています。

ただ、ISPにとってIPv6を提供するにはコストがかかるので昔からあるIPv4を提供するケースが多いと言われています。私のIPアドレスは何ですかと気になる方は自分のIP 確認するか、このウェブサイトをご覧ください。

IPアドレスからどんな個人情報が見出せるのか

IP 調べること一つでどんな個人情報がわかるのか見ていきましょう。

位置情報

IPを通して滞在国、市町村、郵便番号まで特定することができます。これがわかるからこそ流れてくる広告は日本語ですし、近所のレストランやお店についてのローカルな内容になります。IPから基本的に読み取れる最低限の情報は位置情報です。

個人特定

IP一つで個人のネット上の行動をトラッキングすることが可能になります。例えば、契約時に登録する名前、住所、勤務先、クレジットカード情報などISPはもうすでにユーザーのデーターを持っています。

自分のIP 確認をする方法

ISPはいつでもユーザーの検索履歴やブラウザの追跡を行い、ユーザーが何を買ったのか、何に興味があるのか、トレントをしたのかなど簡単にIP 調べること、データーを集めることができるわけです。勝手に収集される個人データーは何に使われるかはわからないので危険性が伴います。私のIPアドレスは何ですかと気にしながら守ることが大切です。

オンラインアクティビティの監視

ウェブサイトや広告企業はよく見かけるCookieやIP 確認テクノロジーを使用して、ネット使用者の監視をすることが非常に多くあります。IP 調べることでネット使用者が何に興味をもち、どんなものを買っているのか、何を見るのが好きなのかなど勝手に分析をし、より個別化された広告を見せようとします。

また、このデーターを他社に売ることも少なくはありません。私のIPアドレスは何ですかと知った上で守っていきましょう。

IPアドレスを守るには?

VPNサービス

VPNサービスはIPアドレスの位置を変更したり、隠すことができIPの完全な匿名化を可能にします。また、海外へのIP位置変更ができるのでオープンネットを使用することができる他、データーの暗号化やプライバシーポリシー規約、セキュリティ対策なども提供するので安全で自由なオンライン環境が楽しめます。他にもIPを匿名化する方法についてはこちらでも詳しくご紹介しているので是非チェックしてみてください。

特にNordVPNは業界最速の実績を持ち、センサーシップにも強く確実に安全なサービスを提供しているのでおすすめです。個人的にIPを守る方法としてVPNサービスがいちばんだと思うので、詳細に興味がある方はこちらの記事を読んでみてください。

試して見る
NordVPNなら安全、最速、お手頃価格でオープンネットが楽しめます

セキュリティ、プライバシー、速さ、お手頃価格を求めているのならプレミアムサービスのNordVPNがおすすめです!まずは、30日間のリスクフリー期間でお試しを!

プロキシ

プロキシを使用することでジオブロックを突破することができます。こちらで海外のコンテンツにアクセスすることも可能です。ただ、デメリットがいくつかあります。プロキシはデーターの暗号化をしないので簡単にIP 調べることができます。私のIPアドレスは何ですかと考えた時に、誰にでも調べられる状態等しくなります。

私のipアドレスは何ですか

VPNほど安全ではありません。その上、通信速度が遅いことも多くあります。また、プロキシはセンサーシップに弱いのでトレントやストリーミングに最適だとは言えません。

Tor

Torはボランティアが管理する世界の膨大なサーバーネットワークです複数のサーバーを経由し、通信を何度も暗号化させるため、IPの匿名化が可能になります唯一の欠点は通信が非常に遅いという点です。ブラウジング程度には使用できますが、ゲーミングやストリーミング、トレントなどには使えません。

ホットスポット(モバイルネットワーク)

スマホのホットスポット機能を利用してIPを隠すことができます。ただ、IPは隠せても、スマホデーターを使用する以上は個人情報の追跡がまだ可能な状態になります。というのも、お使いのモバイルサービスプロバイダーは暗号化されていないユーザーのデーター通信を追跡することができるということです。といっても外出先や緊急時に使えるIP匿名化方法ではあります。

まとめ

ハッカーだけでなく、企業会社、政府、ボットからのネット監視に注意が必要な時代になっています。普段は気にしていないIPですが、IP 調べることひとつで個人特定が可能です。自分のIP 確認をし、匿名化、暗号化をすることが個人情報保護に最も効果的だということがわかりました。

IPを隠す方法はいくつかありますが、個人的にはセキュリティ、速さ、プライバシー、センサーシップ(に打ち勝つ力)を全て揃えたNordVPNがいちばんおすすめです。様々なプレミアムサービスを揃えているのに低価格ですし、安全なオープンネットが楽しめるので愛用しているサービスです。30日間の返金保証もあるので試してみる価値はあると思います。

今回ご紹介したIPの匿名化方法で個人情報を守っていただければと思います。

NordVPNを入手
30日間無料!

Privacyinthenetwork.com