オンラインプライバシー保護のために知っておこう!

インターネットの普及とともに、プライバシーとセキュリティは大きな課題となっています。近年の技術進歩によって、確実なセキュリティプログラムと プライバシー保護のため ソフトウェアも発明されている思われがちです。しかし、プライバシー 保護とインターネットを調和させることは簡単ではないのです。

ここ最近、私たちは大量監視、データの侵害、マルウェア攻撃などのプライバシー侵害の脅威にさらされています、そして、どれが侵害され、どれを保護するのかを判断することは困難です。

「あなたのプライバシーを守る」「あなたのセキュリティを守る」など誘導する言葉をセキュリティ関連のサイトで見て戸惑うことも多いことでしょう。私も、当サイトでレビュー、チュートリアル、ニュース記事を書くとき、このような言葉をよく使います。

では一体、セキュリティとプライバシーという言葉はどういう意味を持つのでしょうか? 2つの言葉の違いは何でしょうか? そしてどのように、どれを保護し守るべきか分かるのでしょうか? 複雑な問題に取り組む前に、まずセキュリティとプライバシーの意味を定義していきましょう。

プライバシーとセキュリティの定義

最も簡単に定義するとすれば、プライバシーは第三者や侵入者から解放された状態です。プライバシーがあるときは、誰にも見られず邪魔されないという安心感が持てます。また、公衆の目に触れることがないという意味でもあります。つまり、誰もあなたの個人情報やアクティビティをあなたの許可なく見ることはできません。

一方セキュリティとは、危険や脅威から解放された状態です。データとプライバシーを守るために行うすべての対策は、セキュリティと同等です。

あなたが寝たり、食べたり、服を着たりとプライベートな時間を過ごすあなたの家を想像してください。4つの壁とドアはプライバシーを提供し、あなたがしていることを誰も見ることはできません。鍵を付けなかったり周囲に壁がなければ、誰でもあなたを監視したり侵入してあなたを傷つけたりすることができます。

錠を付け壁を作ることで、安全を提供します。これはインターネット プライバシー 保護に似ています。

オンラインで安全を保つ方法を学ぶ

当サイトでは、プライバシー 保護の強化に関して大いに役立つ情報やチュートリアルを提供しています。またニュース記事では、世界で起こっているセキュリティとプライバシーに関する最新情報を提供しています。データやプライバシーを守るのに役立つVPN ソフトウェアレビューやおすすめ情報もたくさん掲載されています。

強力なアンチマルウェアソフトを利用する

プライバシー保護のためにはアンチマルウェアソフトを使用することが手っ取り早い対策となっています。特に、新しいファイルを開く前にスキャンさせることでウィルスやマルウェアのダウンロードを大いに防ぐことができます。ソフトを常に最新アップデートしておくこと、コンピュータースキャンを定期的に行うことでオンラインプライバシーを徹底的に守ることが可能になります。

VPNサービスを利用する

IPアドレスを隠すVPNサービスを使用することでインターネット プライバシー 保護の強化をすることができます。VPNサービスのデーター暗号化サービス、キルスイッチ、DNSリーク防止システムなどを活用して個人データ保護をすることができます。端末を使用する間はVPNをONにすることを忘れないようにしましょう。

また、無料版VPNではなくて有料でもユーザーのインターネットプライバシーを守るだけのリソースを所有するプロバイダーにすることを強くおすすめしています。検証済みVPNランキングは以下のようになります!

パスワードを強力なものにする

プライバシー保護のため様々なサイトやサービスはパスワード認証を使用しています。だからこそ強力なパスワードを設定しておくことがとても重要です。基本的にパスワード設定時に気をつけるべき点は同じパスワードを使い回さない、大文字小文字をミックスする、記号や番号を使うなどが挙げられます。インターネットプライバシーを守る便利なパスワードマネージャーサービスもリストアップしました!

便利ガジェットでオンラインプライバシーを守る

オンラインツールやサービスだけでなく物理的ガジェットを利用してインターネット プライバシー 保護をすることができます。例えば、個人データーを全部バックアップしてくれるUSBメモリーのようなガジェットがあります。クラウドから個人データーを失ったとしても物理的にデーターを保存しておけば心配はありません。

また、ソフトウェアのダウンロードも一切必要ないので個人情報漏洩防止対策にもなります。そんな優秀なガジェットは様々あるので是非チェックしてください!

フィッシング詐欺に気をつける

フィッシング詐欺を避けてインターネットプライバシーを守りましょう。次なようなものを頭に入れておきましょう。

  1. 友人、大手会社企業、銀行になりすまして個人情報を採取しようとするメールなどは無視しましょう。個人情報は絶対に返信しないでください。
  2. 検索エンジンでメール内容を検索し、フィッシング詐欺かどうか確かめることもできます。
  3. httpではなくhttpsで始まるリンクの方が信頼性は高いことを知っておいてください。
  4. アンチフィッシングブラウザのアドオンなどでインターネットプライバシーを守りましょう。

プライバシー保護のため SNSで設定を行う

ソーシャルメディアでは個人情報がかなり載っている場所なので自分でインターネット プライバシー 保護管理をする必要があります。安全なインターネット利用のためSNSアカウントを誰に公開するのかを決めましょう。或いは、自分にしか表示して欲しくない情報があればそちらも設定しておきましょう。

オンラインプライバシーを守るため2段階認証を活用する

今では様々なサービスが2段階認証を提供しています。特に、不正なログイン、いわゆるハッキンング防止をするログイン認証方法です。パスワードやEメール以外の認証方法で設定した電話番号にワンタイムパスワードが送られてきます。少し手間はかかりますが、インターネット の 安全 な 使い方の一つになります。

あなたは安全で保護されていますか?

最近は利便性が先立ちプライバシーの侵害問題が増加しています。インターネットに接続されたスマートフォン、車、家電により、私たちの生活はとても便利になりました。しかしインターネット プライバシー 保護やセキュリティ上の危険性も伴います。

これらのインターネットに接続されたデバイスは、監視やマーケティング目的のために保存・記録されるデータを生み出します。たとえあなたのデータがコミュニティの脅威となりうるものでないとしても、あなたのデータは広告主やネットワーク盗聴者によって使用される可能性があります。その事実に加えて、政府もデータ プライバシー 保護について真剣に受けとめていないように感じます。この事実を恐ろしいと思いませんか?

今日のオンライン脅威はどのようなものがあるのか?

プライバシー保護のために知っておくべきオンライン脅威の傾向について簡単に紹介します。

  • マルウェア オンラインプライバシーを侵害するウィルス、アドウェア、スパイウェア、ランサムウェア、トロイの木馬、ワームなどがある
  • フィッシング詐欺 インターネットプライバシーを侵害するなりすましEメール、SMS、偽サイト、リンク操作、ソーシャルエンジニアリング、フラッシングなどが挙げられる
  • ファーミング ドメインと紐付けられたIPアドレスを不正に書き換え、ユーザーを偽サイトに誘導
  • アプリのプログラミング 使用するアプリにバグやちょっとしたコーディングに弱点があると、ハッカーなどがユーザーの個人情報を盗む
  • Dos・DDoS攻撃 ウェブサービスやネットワークに過剰な負担をかけ一時停止、シャットダウンさせる迷惑攻撃手法。
  • 詐欺全般 個人情報を聞き盗むために広告詐欺、雇用詐欺、ポンジ・スキーム、ピラミッドスキームなどを使用するオンライン詐欺手法
  • ルートキット コンピューターシステムに不正アクセスし、遠隔から操作できるようにするソフトウェア
  • SQLインジェクション プライバシー保護のためのアプリ弱点を意図的に使用し、想定外のSQL文を実行させる。データベースシステムを不正に操作しオンラインプライバシーの侵害をする
  • 中間車攻撃 ウェブサイトとユーザーも間に不正アクセスし、個人情報を盗み出す手法。DNSスプーフィング、HTTPSスプーフィング、Wifiハッキング、IPスプーフィングなどが挙げられる
  • スパム 大量にばらまかれる迷惑メール。マルウェアやフィッシングリンクがついている場合が多く、インターネットプライバシーを侵害する
  • Wifiイーバードロップ 暗号化が少ないWiFiネットワークに不正侵入し、ユーザーがどんなサイトを使用しているのか、端末のメッセージや何を入力しているのか監視できるようになる

直ちにオンラインプライバシー保護の強化

データの痕跡は削除できませんが、データが誤用されないよう安全対策を取ることはできます。起こりうる危険性を認識することで、あなたのセキュリティを危うくする状況を回避することができます。

アドブロッカーをインストールしたり、エンドツーエンドの暗号化アプリを使用したり、HTTPSウェブサイトだけを訪問したりと小規模なことから始めることでプライバシー 守ることができます。インターネット プライバシー 保護のために、このような小さなステップを踏むことで大きな違いを生み出します。

セキュリティとインターネットプライバシーに違いはありますが、オンラインプライバシーを守らなければならないことに変わりはありません。インターネット プライバシー 保護をする上で様々なツールやサービスを利用し対策することができます。プライバシー保護のためにできる対策方法をとってネットを安全に使っていきましょう!

Privacyinthenetwork.com