マルウェアとは ?危険性について(2022年更新)

インターネットをする上でとても危険な存在である マルウェアとは ついて紹介します。ここではマルウェアの種類についての紹介。また、マルウェアの対策についてご紹介します。

Nortonを導入する!
Nortonでマルウェアを全滅させる!

マルウェアが脅威だと感じたら、すぐに対策しませんか?Nortonであればあなたを100%守ってくれます!30日間の返金保証もあるので安心して試せます!

マルウェアとは?その定義について

マルウェアとはmalicious softwareの造語です。マルウェア 定義は基本的に悪質なコードやソフトウェアに対しての言葉であります。

マルウェアの歴史

マルウェアの由来は古くからあり、1990年代に作られました。しかしそれ以前から呼ばれるものは存在しました。 BBNTechnologiesのエンジニアであるRobertThomasが実験用として作成した Creeperです。このウイルスはメインフレームに 感染するように作られており、データを盗んだり削除はしませんがメッセージを表示しながら様々なフレーム間を移動するものです。

マルウェアの種類

ここでは様々な種類のマルウェア 定義について紹介していきます。

ウイルス

ウイルスとは一般的にパソコンに害をなすものとされており、本物のウイルスのように自ら増殖して宿主を必要とするのが特徴です。感染すると不正プログラムを実行しながら増殖し他のプログラムと感染拡大していきます。

ワーム

ワームとはコンピューターウイルスと同様に自己増殖するマルウェアです。ただしこちらは宿主を必要としないで独立して他のプログラムに損害を与えます。またネットワーク上で動くため感染力が大変強いものとなります。

トロイの木馬

トロイの木馬マルウェアとは正常なプログラムのように偽っているマルウェアを指します。

マルウェア 種類

文章ファイルなどになりすましてコンピューターに入り込むため、皆さんが 気が付かない間に感染しているおそれがあります。上の二つとは違い自己増殖はしませんが、素早く感染に察知する必要があります。

スパイウェア

スパイウェアマルウェアとはコンピューター上でユーザーの情報収集を目的として動いているプログラムです。利便性向上のために使われる場合もあれば、他人の情報を抜き取り悪用しているスパイウェアもあります。

アドウェア

強制的にユーザーの画面上に広告を表示するソフトウェアです。ブラウザなどにはよくありますが、基本的にはこの機能はユーザーが広告を視聴する代わりにサービスを無料で受けられるなどの機能があります。

ランサムソフト

近年よくあるのがこのランサムウェアです。これは相手のコンピューターに侵入し重要な情報に暗号化ロックをかけ、 所有者に対し金銭の要求をするものです。

ファイルレスマルウェア

このマルウェアとはファイルが存在せずメモリー上だけで動作するマルウェアです。ウイルスセキュリティソフトは基本的には実行ファイルを探すものとなりますので、検知が大変困難です。また、気づかないうちに攻撃を仕掛けられる可能性もありますので注意が必要です。

スケアウェア

スケアウェアは身近なマルウェアのひとつです。このmalware とはあなたが見ている Web サイトが感染しているかのような表示を出し、あなたを他のサイトに誘導させます。

malware とは

よくあるのがウイルス感染対策ソフトのページに移動させソフトをダウンロードさせることです。 騙されてしまうと自らウイルスソフトをインストールすることになるのでとても危険なものとなります。

ルートキット

Rootkit マルウェア 定義とは不正アクセスを助けるための機能が入ったものです。通常侵入するマルウェアだと セキュリティソフトに検知されやすいですが、それを隠蔽するための機能も入っているのですぐに検知することは難しくなっております。また相手の情報を盗むための黄色がやバックドアの生成ツールなどもあり、主には管理者権限に対し攻撃することが多いです。

サイクロプトジャック

こちらは比較的新しいタイプのマルウェア 定義です。暗号資産に対し行われるソフトで、ユーザーの許可なしに不正にマイニング行為を行います。これを行われると、勝手にマイニング行為が始まるため CPU の利用率やメモリなどが大量に利用され業務効率が落ちる他、熱暴走などの危険性も増えます。

マルバタイジング

このマルウェアとはインターネットの広告を通じてマルウェアを拡散するもので、このサイトを閲覧することによりマルウェアに感染します。これに感染するとウェブサイトへ転送される可能性もありより危険なマルウェアとなります。

Nortonを入手
30日間無料!

過去の感染例

ここでは過去にあったマルウェア 種類の感染例について説明し、その危険性についてご説明します。

ILOVEYOU、2000年に起きたマルウェアの感染例です。こちらは米国防衛省、英国議会、米航空宇宙局などの公的機関などにも蔓延し自然火災のように瞬く間に拡大し、1億5千万円もの経済的ダメージを世界に与えました。

CryptoLockerはトロイの木馬ウイルスで Windows に対し て攻撃をしております。こちらに感染するとパソコンに保存されている重要なファイルを暗号化し、ユーザーに向かって解除して欲しければ金銭を払うようにメッセージが表示されます。 金銭を払ったからといって暗号化が解除されるわけではなく、お金を払ったという結果になってしまうこともけケースとしては多いです。

Zeusはトロイの木馬マルウェアです。 こちらは個人や組織から金融情報などを盗み出し、世界で数十億ドル規模の盗難被害が発生しております。こちらの問題点はこのマルウェアは簡単に作り出すことができるため数多く出回っており、一般的な通常のソフトになりすましているため発掘が困難というところです。

どのように拡大するのか

マルウェアは様々な方法でユーザーに攻撃を仕掛けます。よくあるのが E メールの添付ファイルです。これはメールソフトによっては自動的にダウンロードされるものもあるので、攻撃の対象となりやすいです。または人気のあるサイトでの広告でクリックしたらダウンロードされてしまうものもあります。その他にも感染している USB ドライブなどから感染する例もあり、 様々な方法でユーザーを狙ってきております。

マルウェアの検知方法

マルウェアを削除するには悪意のある攻撃者を探すのが必要で、定期的に継続してネットワークのスキャンをすることが重要です。またマルウェアが入っていれば検知することも必要ですのでウイルス対策製品を常に最新の状態に保ち利用することが必要です。

マルウェア 定義

マルウェアの取り除き方

マルウェアを削除するためには基本的にはウイルス対策製品を導入するのが必要です。セキュリティソフトはあなたのパソコンの中身をスキャンし危険なファイルをすばやく検知します。またセキュリティソフトは毎日のように最新のプログラムを更新しますので、最新のマルウェアにも対応することが可能です。

しかし毎回更新しないとあなたの感染する確率は高まりますので、 継続的にアップデートすることが必要です。

マルウェアを防ぐには

マルウェアから感染を防ぐには様々な方法があります。

まずはあなたのデバイスの状態を最新に保つことが必要です。スマートフォンもパソコン OS を 最新の状態にアップデートをして保ちましょう。 マルウェア 定義はアップデートしていない OS や、セキュリティソフトの入っていない機械に対して攻撃をしやすい状態となっております。 アップデートすることにより脆弱性を取り除いておりますので継続的に行うようにしてください。

また自ら気をつけることとして、 Web サイトや、メール上に添付されている、不明なリンクに対してクリックをしないように気をつけてください。また、添付ファイルもあなたが信頼できる送信先から来ていることを確認した上で開くようにしてください。 現代のメールソフトは勝手に自動で怪しいメールを迷惑メールフォルダーに移動しますが、通常のメールフォルダに入ったメルマガなどのメールもリンク等がいっぱい貼ってあるので気をつけて確認してからクリックするようにしてください。

また先ほどウイルスセキュリティソフトを入れるのが必要とありますが、購入先も信頼できるところから買うようにしてください。メルカリなどやプライベートで販売している所から購入し、 インストールすると実は知らない悪意のあるが入っている場合もあります。そのため注意して導入するようにしてください。

またセキュリティソフトを使用する場合も定期的にスキャンを行い、危険なマルウェア 定義が入っていないことを確認するようにしましょう。

Nortonを入手
30日間無料!

まとめ

今回はマルウェア 定義についてと、種類について紹介しました。またここでは様々な対策方法や被害の大きさについても記載しました。あなたも一度セキュリティソフトを導入し感染していないかスキャンしてみてください。

声をお聞かせください!

コメントする

Privacyinthenetwork.com