<link rel="stylesheet" href="//fonts.googleapis.com/css?family=Roboto%3A400%2C700">2019年おすすめVPN 安いプロバイダ5選 I プライバシーも保護できる!

【2019年】格安 VPNサービス – 市場でおすすめVPN 安いプロバイダは?

多くの業界と同じようにVPNの世界でも、VPN 値段が高いほど優れたサービスを受けられると思いがちですが、実際にはそうではありません。VPN 格安プロバイダを探している人にとっては良いニュースです。当サイトで紹介している最安の月額料金を提供している格安 VPNサービスは、私が今までにレビューをしたVPNの中で最も優れたプロバイダの1つです。VPN 価格は、ネットワーク規模だけでなくサービスのクオリティにも左右されます。また、プロバイダのマーケティング戦略にも左右されます。安い VPNを探しているならば、その安い VPNサービス が最適であるかどうかチェックする必要があります。市場で優れたVPN 格安プロバイダを探しているのであれば、この記事を読んでみてください。

NordVPN に行く
お手頃なVPN 安い料金をお探しですか?NordVPNをお試しください!

当サイト特別割引を使用するとプレミアムVPNサービスが、たった数百円で試すことができる! 動画のストリーミング、トレントのダウンロード、そしてプライバシー保護もできる。

VPN 安いサービス:本当にメリットはあるの?

この記事を読んでいるということは、すでにVPNとは何かということを知っていると思いますが、改めて2点について説明をします。仮想プライベートネットワーク(VPN)は、エンドツーエンドの暗号化接続です。インターネットに接続するのに、ユーザーは主な下記の理由でVPNを使用します。

匿名でネット閲覧できプライバシーを保護

プライバシー保護は私たちが守らなくてはいけない権利です。それは、隠すものがあろうがなかろうが関係ありません。インターネットサービスプロバイダは、ユーザーがインターネット上でしていることを簡単に記録することができます。そして政府も、令状なしでユーザーのオンライン活動を合法的にスパイすることができます。

最近多くの人が優れたVPN 格安サービスを探す主な理由として、このプライバシーとセキュリティーの問題が挙げられます。インターネットは便利(そして奇妙な)場所ですが、危険にさらされる場所でもあります。ユーザーは閲覧する全てのウェブサイトに痕跡を残しています。これは、私が単に危険性を妄想しているのではありません。これらの情報は匿名ですが、ネット盗聴者がこれらの情報を集めユーザーの所在地や身元を探し出すことは可能です。そのためインターネットに接続している間は、常にすべてのデバイスにてVPNを使用することをお勧めします(これには複数の同時接続が必要です)。後で後悔するより、気をつけたほうが賢明なです。

優れたVPN 安いサービスはユーザーのすべての痕跡を消去できませんが、デジタル痕跡を残さないことを可能にします。VPNはユーザーのデバイスとサーバーの場所との間に暗号化されたトンネルを作成します。そのためネット盗聴者(ISP、政府やハッカー)からユーザーのデータを保護します。

さらに、格安 VPNはユーザーのIPアドレスを匿名にします。実際には、そのアドレスを独自のサーバーのIPに変換します。したがって、閲覧するサイトはユーザーが実際にそのサイトを閲覧していることに気付きません。なぜなら、これらのサイトはユーザーがサーバーだと認識するからです。そのため、ユーザーは実際に匿名でサイトを閲覧することができます。もちろん、これらのサイトはユーザーのリクエストを認知していますが、ユーザーの実際のIPアドレスとリクエストを関連させることはできません。

コンテンツへのアクセスとネット検閲の回避

もう1つの一般的なVPNの使用目的は、ネット検閲を回避し地理的制限のあるコンテンツにアクセスすることです。たとえば、中国ではFacebookが使用できません。また、アメリカ版Netflixのブロック解除をすることができなかったり、日本の番組を海外で視聴することができません。私は海外出張に行くたびに、このような問題に直面してきました。

でも、VPN 格安サービスは世界中どこにいてもユーザーの位置を偽ることができます。正確にいうと、プロバイダがサーバを提供している所在地であればどこでも。多くの VPN 安いプロバイダは、全大陸のサーバーを提供しています。そのため、コンテンツにアクセスできる国のサーバーに接続して地理的制限を回避することができます。

検閲を回避して制限のかかったコンテンツにアクセスたとえば、あなたは日本にいるとします。そしてあなたのVPNプロバイダは3つの国にサーバーを持っています。その国のサーバーに接続することで、あなたはアメリカ、イギリス、フランス、またはオーストラリアにいるふりをすることができ、日本などの検閲を回避して制限のかかったコンテンツにアクセスできるようになります。

アドバイス

コンテンツのブロックを解除することも重要なポイントですが、接続スピードも選ぶ際に重要なポイントなので忘れないでください。動画のストリーミングサイトにアクセスしたい場合、その動画を見るには完璧で高速な接続が必要です。そうでないと、動画が途中で止まったり、途切れ途切れになったりしてしまいます。

優れた安い VPNプロバイダを選択する上で考慮すること

一番初めに考慮することは、VPN 安いサービスが上手く機能するかどうかです。 プライバシーを保護し機密データを漏らさないことがVPN 安いプロバイダを選ぶ際に重要なポイントとなります。たとえば厳密なログなしポリシーを強化していて、キススイッチやDNSリーク保護などのセキュリティ機能を提供するプロバイダを選ぶべきです。また、地理的制限のかかったコンテンツのブロック解除ができ、トレントもできるVPNがいいでしょう。そうすれば、お気に入りの番組を見たりトレントをダウンロードすることができます。これらのことができないのであれば、いくら月額料金が安い VPNであっても高くついてしまいます。これらのことを考慮し、サービス内容にあったVPN 格安プロバイダを検討していくべきです。

VPN 安いサービス – VPN 費用はどれくらいかかるの?

まずはじめに、VPN 激安サービスは残念ながら無料ではありません。市場には数多くの無料VPNが出回っていますが、私はおすすめしません。その理由はいたって簡単です。無料VPNは信頼性に欠け危険性を伴うからです。この世で、本当に「無料」のサービスは存在しません。これらのプロバイダは、チャリティーでサービスを提供しているわけではありません。無料サービスを提供しているプロバイダの唯一の目的は「利益」です。これらの企業は、インフラと専門家チームに多額の投資をしています。そのため、何らかの方法でユーザーは無料で受けるサービスの代償を払うことになるのです。

これらの無料VPNプロバイダはユーザーから料金を取りません。それでは、彼らはどうやって収益を稼いでいるのでしょうか? 答えはいたってシンプルです。ユーザーはこれらのプロバイダの「商品」となるのです。そうです、ユーザーとユーザーのデータが商品となるのです。ユーザーはプロバイダのサーバーにログインしてインターネットを利用しています。この収集された全ての情報は、最高額で入札した第三者に売却されています。ユーザーの情報はお金の価値があるからです。最悪なケースは、悪質な個人や企業がユーザーの身元、クレジットカード情報などの個人の機密情報を販売することです。たとえば、人気のあるChromeやFirefoxのVPN拡張機能のHola Better Internetがユーザーのバンド幅を売るケース。そんなことが自分自身に起こることを想像するだけでも…..

無料VPNを使用して自分のデータを危険にさらすのではなく、お手頃で格安 VPNサービスを試してみてください。30日間返金保証を提供しているのでリスクなしでVPN 格安サービスを試すことができます。もしサービスに満足しない場合、顧客サポートに連絡し返金を受けることができます。

VPN 安い月額料金

市場には何千ものVPNプロバイダーが存在します。その多くは、数年契約で大幅割引を提供しています。私は特定の基準に従ってVPNプロバイダーを評価していて、VPNおすすめプロバイダは私の別の記事にて紹介しています。プライベートインターネット接続は信頼できる解決策ですが、これだけでは十分ではありません。下記は、私が優れていて安い VPNであると考えるプロバイダのリストです。激安月額料金でVPN 安いサービスを提供することに加えて、高速、簡単で使いやすく信頼できる素晴らしいプロバイダです。それでは、紹介します。

まとめ

最も安い VPNサービスを見つけたいというのは当然です。VPN 料金が必ずしもサービス内容に反映しているわけではないのですから。無駄な出費をせずに自分のプライバシーを保護することは可能です。私のオススメ格安 VPNの情報が少しでもお役に立つと幸いです。何か質問があれば、気軽に問い合わせてください。

以上、私のVPN 安いプロバイダのガイドでした。【2019年】格安 VPNサービス – 市場でおすすめVPN 安いプロバイダは?でした。ぜひ引き続き次の記事もご覧ください!

気軽に連絡してください。

      コメント

      Privacyinthenetwork.com