zenmate

ZenMate VPN (ゼンメイト)は誰でも簡単に使えるシンプルなVPNです。オンライン上のプライバシーをすぐに簡単に保護したい方にうってつけで、VPNについて専門的な知識がないユーザーでも簡単にセキュリティの保護ができます。

それはZenMateのウェブサイトを見た瞬間にすぐわかります。専門用語や複雑な機能リストはありません。その代わりにVPNテクノロジーの簡単な説明といくつかのメリットの例があるだけです。

ZenMate VPNはシンプルながらも数多くのユーザーに利用されています。それは各主要国においても高速サーバーを提供している・VPNの使い方が手軽等の理由があります。

海外の動画ストリーミングサイトのように、地域によって利用を制限されている場合でもZenmate VPNに接続することで利用が可能となります。また、Zenmate VPNを使用することにより、足跡を残すことなくダウンロードすることも可能となります。

Zenmateの購入はこちら
シンプルで使いやすい Zenmate

初心者でも簡単に使える Zenmate でプライバシーの保護や Netflix の視聴をしよう。

この記事ではZenMateVPNが人気の理由や、日本でのZenmateの使い方を紹介していきます。

ZenMateVPNのレビュー詳細を確認した後に、クーポンを利用してお得にZenMate VPNを使い始めましょう。

ZenMate VPN プライバシーポリシーその他

ZenMate(ゼンメイト)は、ZenGuard社(ドイツ・ベルリン)により2014年からサービスを開始しているVPNです。

ZenMate VPNのメインWebサイトはシンプルな作りです。しかしプライバシーポリシーと利用規約のページをざっと見てみると、他のVPNの競合会社の中で最も頭が痛くなるほどの複雑すぎる法的文書がありました。これはどうも通常のユーザーではなく弁護士向けに書かれているようです。
内容の詳細を説明するのには必要以上に時間がかかるので簡単に説明します。たとえば、ウェブサイトの説明は「単なる「招待広告の提案」、つまり、あなたに提案を発行するための拘束力のない呼び出し」であると言われています。ね、難しいでしょう?

ZenMateのサイトでは、VPNユーザーが関心を寄せる部分には触れていません。プライバシーポリシーの長さは5,000ワード近くありますが、どのようなログ記録が行われるかを明確にしたり、法的措置に対するZenMateの対応を明らかにはしていません。

zenmate vpn extension

サポートページを詳しく見ると、ZenMateのログを記録しないというごく一般的な説明があります。

「私たちはあなたがオンラインで何をしているのかを識別するために使用できる個人データを保存したりログに記録したりしません。私たちはあなたのオンラインセッションを監視しませんし、実際にすることはできません。それは厳格なドイツのプライバシー法が当社の使用を規制しているためです。データが保存されることがないため、個人データを政府に提供したり、第三者に販売したりすることはまずありません。」

今すぐZenmateを試す
30日間の返金保証

VPNでセキュリティを確保する

VPNを使用してインターネットを利用することこそが、最も安全にオンラインでの活動を確保する方法です。オンラインにはあなたの個人情報(住所、電話番号、職業等)やオンラインでの活動履歴を盗もうとしている人がたくさんいます。国によってはインターネット上での活動を検閲する政府もあります。これらから逃れるためにはVPNの利用が最も効果的です。

今すぐVPNを使ってオンラインでのセキュリティを確保しましょう。

ZenMate VPNの要約

ZenMateは主要なOSのすべてに自社のアプリがあります。コンピューター(Windows、macOS)、モバイルデバイス(Android、iOS)、およびブラウザー(Firefox、Chrome、Opera)にそれぞれアプリがあります。1つのライセンスで5台の端末に接続可能です。

Zenmate VPNは主要各国約30か国にサーバーを所有しています。そしてすべてではありませんが、そのほとんどの利用可能な国でTorrent(トレント)を利用することもできます。

主要各国例:アメリカ・イギリス・ドイツ・スペイン・イタリア・日本・フランス・香港

zenmate vpn

ZenMateのネットワークは30か国以上とそれほど多くはありません。しかし素晴らしいサービスを提供しているので目をつぶることができる範囲です。ZenMateVPNはAES-128ビット暗号化を採用しており、これは他の競合会社がよく使うAES-256ビットほど強力ではありませんが、効率がいい暗号化です。

Zenmate VPNが人気の理由は高速でHuluなどのプラットフォームにアクセスできることに一因しています。映画やドラマをよく視聴する、Torrentやストリーミングを楽しみたい方にはこのZenMateVPNがとてもおすすめです。それはZenMateはP2Pに対応しているからです。

日本から海外のドラマ・映画をHuluなどで視聴するにはVPNが必要になります。それは国によってはコンテンツを守るために地域制限などで、外国からのアクセスをブロックしているからです。そこでZenMate VPNの出番です。

ZenMate VPNを使えば地域制限をすり抜けて海外のテレビやドラマを視聴することができるようになります。

今すぐZenmateを試す
30日間の返金保証

ZenMate VPN:プランと価格

Zenmate VPNはVPNのすべての機能を含む3つの異なるプランを提供しています。 1か月、半年、または年の定期購入を選択でき、同じVPNの特典・機能を得られます。 長期契約であるほど価格を抑えることができます。ただし、1ヶ月ごとの支払いでは、月額の割引は適用されません。月額での支払いでは少しばかり高く感じるかもしれません。しかし1年分で購入すれば月に200円ほどととてもお得に使用することができます。

ウェブサイトにアクセスして、限定のスペシャルオファーを確認することをお勧めします。例えば執筆時点では通常12ヶ月のコースが18ヶ月と半年も多いオファーを出したりしています。

zenmate価格

ZenmateVPNは7日間の試用期間を設けており、その間はプレミアム・サービスを試用することができます。その後、無料サービス(数々の制限有り)に戻すことも、有料プランにサインアップすることもできます。支払い方法は主なクレジットカードをはじめ、UnionPay、PayPal、Bitcoinも使えます。なるべく匿名で利用したい方は仮想通貨でのお支払いが最適でしょう。

またZenMate VPN は有料プランに対して30日間の返金保証があります。気に入らなければいつでも返金してくれるので、とりあえずZenMate VPNを試してみるということもできます。

ZenMate VPNの要約

特徴 無制限
トラフィックデータ 無制限
プロトコル OpenVPN (TCP, UDP, IKEv2, L2TP)
対象OS Windows,MacOS,Android,iOS,Chrome,Firefox,Opera
サーバーがある国の数 30
サーバー数 2228
トラフィックログ・データログの記録 なし
VPN停止スイッチの有無 あり
デバイス接続対応数 5台
サポートの種類 メール、トラブルシューティング
無料試用期間 7日
返金保証 30日後のキャンセル可能

Netflix・Torrentの利用

Netflixの利用

VPNに接続する目的はセキュリティを確保するだけでなく、別の国で仮想IDを取得したり、特定のエリアでしか利用できないYouTubeやNetflixなど、他の方法ではアクセスできないコンテンツにアクセスできるようになります。しかし、一部のサイト(Netflix,Hulu等)ではVPN経由のアクセスを検出してブロックしています。ZenMate経由のVPNがブロックされるか確認するために、BBC iPlayer、US YouTube、US Netflixへのアクセスを許可しているかどうかをテストしました。

zenmate vpn

YouTubeはブロッキングをまったくしないと予想し、確実に成功すると期待していました。案の定、ZenMate VPNは問題なくコンテンツを視聴できました。

ZenMateのWindowsアプリでは、BBC iPlayerをストリーミングするための仮想的な場所を提供します。多くのVPNが複数の都市に接続し、その中で機能する都市を探しています。結果的にZenMate VPNを使えばiPlayerのVPN検出をくぐり抜けてコンテンツにアクセスすることができました。

しかし、残念ながら、Netflix USでは上記2つのサイトと同じ成功を収めることはできませんでした。 Netflix USはVPNを検知しました。つまり、大変残念ながらNetflix USへのアクセスはブロックされたということです。標準の「ブロック解除ソフトまたはプロキシを使用しているようです」のエラーメッセージが表示されました。特にサービスがNetflixを利用できることを謳っていただけにとても残念な結果となりました。

このブロックされたのはたまたまかもしれないため、確認として、HuluとAmazon Prime向けに最適化されたZenMate USサーバー、ZenMateがイギリスとフランスのNetflixにアクセスするために勧めているサーバーからも試みました。結果良としてはNetflixはことごとくVPNを通じてのアクセスブロックしました。

Netflixに確実にアクセスしたい場合は当サイトでおすすめしているアメリカのNetflix向けのVPNを参考にしてみてください。

Torrentの利用

ZenMate VPNはP2Pに対応しており、Torrentをサーバーがあるほとんどの国で利用することができます。ZenMateのアプリでは、Torrentに適したサーバーを簡単に見つけることができます。 特別な「P2P」アイコンなどのロケーションリストを参照する必要はありません。「Torrent向け」タブをタップしてオプションのリストを確認するだけです。当レビュー執筆段階では27サーバーが可能な国の数です。

今すぐZenmateを試す
30日間の返金保証

ZenMate VPNの詳細

ZenMate VPNの使い方はとてもシンプルなものです。もしあなたがVPNをはじめて使う初心者であれば、ZenMateVPNはとてもおすすめのVPNです。

Windows,MacOS,Androif,iOS向けのアプリが用意されているほか、各ブラウザー(Chrome,Firefox,Opera)用の拡張機能があります。これはとてもシンプルですが効果的です。 アプリ・プラグイン共にインストールを終わらせた後は、頭を悩ますような設定をすることなくすぐに使い始めることができます。

また1つのライセンスで最大5台の端末で同時に使用することができます。

zenmate vpn 使い方

パフォーマンステスト

別々のエリアからベンチマークサイトSpeedTestとTestMy.netを使用して、ZenMateのパフォーマンスを確認しました。

英国でのパフォーマンスは、テスト用75Mbpsラインで約60〜65Mbpsと合理的なものでした。上位のVPNは、平均5Mbpsをさらに圧迫する可能性がありますが、違いに気付くことはまずありません。

次に、超高速475Mbps接続を使用して、米国からのダウンロード速度を測定しました。このテストの結果ではは少しがっかりしました。ZenMate VPNでは80-100Mbpsしか達成できませんでした。ZenMateはほとんどのタスクで十分に高速であると言えます。ご利用のインターネット接続が100Mbpsよりも大幅に高速でない限り、遅延があることに気づくことすらありません。

接続までにかかる時間は、VPN接続における重要な部分ですが、ZenMateは予想よりも低速でした。OpenVPNまでの接続は、面倒だと感じる程度のと言える15〜20秒かかりました。これは競合他社の2倍ですが、最低というわけではありません。

Windowsの元々のL2TPプロトコルに切り替えると、通常、大きな違いが生じます。一部のVPNは3〜5秒で接続します。ZenMateは、最も近いUKサーバーの接続であっても10〜12秒とラグが生じます。通常1回だけ接続するという場合は、この数秒を失うということはさほど重要ではありません。しかし、サーバーを定期的に切り替えたり、接続したり切断したりをされる方の場合、これはとても煩わしいものになる可能性があります。

Windowsアプリの使用

ZenMateへのサインアップはとても簡単です。 Windows用のアプリをダウンロードし、セットアッププログラムからメールアドレスとパスワードの入力を求められました。後で[あなたのメールアドレスを確認してください]のリンクをクリックすると、準備が整いました。ウェブサイトで何かをしたり、支払いの詳細を記入する必要はありませんでした。7日間の試用期間が終了するまで何も記入する必要はありません。

ZenMateのWindowsクライアントは、その他の大多数のVPNアプリとほとんど似ています。デフォルトの場所、オプションの多いリスト、大きな接続ボタンと似たようなUIです。

ロケーションリストは、他のVPNアプリよりもスマートではあります。サーバーの種類(すべて、Torrent、ストリーミング)でフィルターをかけることができ、距離またはサーバーの負荷で並べ替え、よく使用するサーバーをお気に入りとして保存し、後ですばやく接続することができます。

その他の設定もあります。プロトコル(OpenVPN TCPまたはUDP、IKEv2またはL2TP)を選択し、ランダムポート経由で接続して、一部のVPNブロックスキームをくぐり抜け、DNSおよびIPv6の漏洩をブロックすることができます。システムの起動時に自動的に接続するオプションがあり、優先サーバーを選択できます。

zenmate 日本

セキュリティ保護

ZenMate VPNはセキュリティを確実に保護するためにKill Switch(キルスイッチ)とDNS漏洩を防止する機能がついています。

キルスイッチはVPN接続が切断された場合に、インターネットトラフィックをブロックすることでユーザーのセキュリティを保護してくれます。各プロトコルを使用するときにVPNを強制的に閉じ、クライアントは毎回自動的に再接続しましたが、実際のIPアドレスは明らかになりませんでした。VPNが切断された場合にはデスクトップ通知が届きます。

総括

Windowsアプリはとても優れているというわけではありませんが、VPNの基礎的な部分を抑えているため使いやすい仕様です。

その他のアプリ

ZenMateのAndroidアプリは、デスクトップと非常によく似たデザインです。現在のロケーション(デフォルトでは「自動選択」)、大きなオン/オフボタン、小さなメニューアイコンです。このシンプルなデザインのおかげで非常に使いやすいです。現在の接続を暗号化する必要がある時のみ、開始時に[接続]を押し、終了時に[切断]を押す必要があります。それ以外は特に何もする必要がありません。

ロケーションリストもデスクトップによく似ており、ZenMateのストリーミングサーバーを表示するオプションと、最もよく使用されるサーバーを保存するお気に入りのシステムがあります。

アプリはOpenVPNのみで、2つしか接続設定がありません。1つはランダムポートを使用して接続するオプション、もう1つはUDPの代わりにTCPを使用するオプションの2つです。

以前のアプリには、トラッカーと悪意のあるWebサイトのブロックを有効にするオプションがありました。アプリストアページでは、ZenMateがマルウェアと追跡保護を提供していると主張していますが、実際には設定は表示されていません。

全体として、ZenMateのAndroidアプリは基本的なVPNアプリで、それ以上のことはほとんどありません。使いやすさは優れていますが、通信速度やその他の設定をしたい方にはもの足りないかもしれません。

iOS版のZenMateアプリはデザインと機能はAndroid版とほぼ同じです。アプリが基本的な機能しかない点も同じです。

サポートサービス

VPNを利用する上ではこのサポートというのはとても重要です。VPNは常に使用する必要があるため、信頼できるカスタマーサービスといつでも連絡できるかがな鍵になってきます。オンライン上で丸腰になり全ての活動を検閲されたり、個人情報を盗まれたり、Webサイトにアクセスできない、という事態に陥りたくないですよね? こうならないためにもしっかりとしたサポートサービスが必要になります。

特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する時などにサポートサービスがとても役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

ZenMate VPNのサポートサービス

ZenMateのサポートサイト内の記事は3つのカテゴリ「はじめに、ZenMateの使用、トラブルシューティング」に分類されています。
サイト内に多くの記事を追加および更新しているようですが、まだまだ限定的なものばかりでトラブルシューティングとしては不十分だと言えます。

サポートチームに直接連絡することはできますが、競合会社では一般的なライブチャットはありません。チケットを発行して、回答を待つタイプの問い合わせ方法です。私たちの場合は2時間以内に役立つ回答が得られましたが、返信までに48時間かかる可能性があると警告しています。

サポートの点ではZenMateは他社に比べて劣っていると言うほかありません。

ZenMate VPNレビュー:そこそこ!

ZenMateVPNは2年間の契約ですと月に200ほどのコストと非常に安価に利用することができます。VPNを使うことで基本的なセキュリティ・プライバシーの確保、ビデオストリーミングの視聴、ビットトレントのダウンロードとVPNを使う基礎的な要素を抑えられています。さらにすべてのOSに対応したアプリやブラウザーのプラグインはとてもシンプルで使いやすいです。しかし、通信速度を求めたり、VPN接続が短い方がいい、24時間対応のライブチャットといった手厚いサポートを求めている方にはあまりおすすめはできないといったのが結論です。
とにかく7日間の無料試用期間を試してみて、満足できたなら2年間の契約を検討されてみてはいかがでしょうか?

8.8 Total Score
Zenmate

プライバシーとセキュリティ
9
特徴
9
スピードとパフォーマンス
8
金額に対する価値
9
使いやすさ
9
PROS
  • 1年間の使用だと非常に格安(月に200円ほど)
  • アプリの使用が簡単、すべてのOSに対応
  • P2Pサポート有り(Torrentの利用可)
  • 7日間無料の試用期間
  • 30日間の返金保証有り
CONS
  • スペックが物足りない
  • サポートが乏しい(ライブチャットなし)
  • 中国、イラン、サウジアラビアでは利用不可
  • Netflixのブロックができない
We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

Privacyinthenetwork.com