IPアドレスはネット上の住所!IP アドレス 隠すことで身を守ろう!

毎日のように使用するネットですが、ネット上の身元保護について考えたことはありますか?実は、自分のオンラインアクティビティは、企業会社や政府から追跡されることができるようになっています。そんな個人情報がデータ化され、勝手に使用されることは少なくありません。そこでやって絶対に損はない IP アドレス 隠す 方法について解説します。IPアドレスを隠すと、個人情報保護対策になるだけでなく他にも様々な利点があるので是非できる範囲の対策を試してみてください。

いますぐ試す
ExpressVPNでIPアドレスを隠してオンライン上の身を守ろう

オンライン上の個人情報を守るためIPアドレスを隠しましょう。業界最速サービスと高度な暗号化システムを備えたExpressVPNで安全対策を!30日間全額返金保証もあります!

更新日:2021年 9月 12日

そもそもIPアドレスとは何か?

そもそもIPアドレス(インターネットプロトコルアドレス)は簡単に説明すると、オンライン上の住所のことを指します。インターネットに接続している端末を識別するために、アルファベットと数字が組み合わさってできているものです。IPアドレスには2つの種類があります。例えば、123.45.67.89のように2桁または3桁の数字をピリオドで区切ったものがIPv4アドレス(インターネットプロトコルバージョン4)と言われます。

これよりもかなり長く、ピリオドではなくコロンで区切られ、数字だけでなく文字も含まれるのがIPv6アドレス(インターネットプロトコルバージョン6)です。特に後者はセキュリティ対策が強化され、ルーティングやデータの送受信がより効率的にできます。しかし、こちらを利用するにはOS、ルーター、ISPなども対応していなければならないのでほとんどの方はIPv4アドレスを使用していることでしょう。

ip 隠す

Googleで”自分のIPアドレスは何?”と検索すれば出てくるのでチェックできます。

IP アドレス 隠す 方法が大切になるのは…特定地域における番号資源管理をするICANNという非営利組織が世界の5つの地域でRIR(リージョンインターネットレジストリ)を実行しているからです。IPアドレスは必ずこのRIRの中で特定され、その地域のインターネットサービスプロバイダーにその情報を引き渡します。つまり、インターネットを使用する以上、IPアドレスがある以上は必ず特定されるということです。だからIP 隠すことが重要になってきます。

ExpressVPNを入手
30日間無料!

IP アドレス 隠す5つの方法は?

では、どうすればIPアドレスを隠すことができ、個人情報漏洩の心配をせずにインターネットを自由に使うことができるのでしょうか? 今からでも実践可能なIP アドレス を 隠す 方法を5つ紹介します。

VPNサービス

仲介サーバーとなるVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を使用することによりインターネット接続を暗号化し、IP 隠すことができます。VPNを利用することにより使用中のIP アドレス 隠す ブラウザでなく、アプリなども暗号化し、インターネットトラフィック上にあるもの全てを対象に匿名にしてくれます。プライバシー保護にも特化しているためいちばん人気があります。高品質サービスを提供する優秀なVPNプロバイダーも多くあるのでIP アドレス 隠す 方法の一つです。

Tor(トーア)

世界中のボランティアが管理する膨大なサーバーネットワークです。こちらは複数のサーバーを経由させ、通信を何度も暗号化されるため、IPアドレスを隠すことができます唯一のデメリットは通信がかなり遅いという点です。インターネットブラウジング程度だったら心配なく使えますが、トレントやストリーミングなどには使えません。プライバシー保護をしたいのであればVPN IP アドレス 隠すと一緒に使用することをおすすめします。

プロキシ

もう一つのIP アドレス 隠す 方法はいわゆる地域制限、ジオブロックを突破し例えば、海外のコンテンツにアクセスさせてくれるものです。しかし、いくつかデメリットがあります。プロキシはVPNみたいに暗号化をしないので、通信速度がかなり遅く、安全性に劣ります。また、動画配信サービスの多くはプロキシをすぐさま弾くのでストリーミングにもトレントにも向いていません。

ip アドレス 隠す 方法

ネットワークを変えてみる

IP 隠すことをしたい場合、カフェや公園のような公共の場のWiFiを使うことができます。この方法で個人を特定されることはありません。しかし、公共WiFiは、ハックされる危険性、マルウェアになる可能性があるのでその場凌ぎのIP アドレス 隠す 方法程度で利用できます。モバイル通信に切り替えると新しいIPアドレスが割り当てられます。しかし、かなりお金がかかるのでIP アドレス 隠す 方法としては使いづらいです。

ISP(インターネットプロバイダー)に相談

ISPはIPアドレスを隠すことはできませんが、それを割り当てる担当をしているので、お願いすれば別のものに変更できるかもしれません。申し込みや追加料金は伴ってくるかもしれませんがどうしてもIPアドレスを変更したければ、試してみる価値はあります。

ExpressVPNを入手
30日間無料!

IP アドレス 隠すメリットは何か?

広告表示の防止になる

お気づきでないかもしれませんがGoogleやFacebookにサインアップする=関連広告を表示するために自分のブラウジング履歴の追跡を許可しているのです。マーケティング目的のトラッキングでも気になる方も多いかと思います。こういった場合はVPNでIP 隠す、企業から身を守ることができます。

位置情報を隠すことができる

IPアドレスは結局地理的位置情報までも自動的に特定してしまうので、知られたくない方はVPNを用いて別地域のIPアドレスを使うことができます。

ISPからオンラインアクティビティが追跡されないようになる

IPアドレスを提供してくれるISPからオンライン追跡をされるのはしょうがないかもしれないけれど、それがデータとして第三者に売られるのかはわからないので、個人情報漏洩防止対策としてIP 隠すことをおすすめします。

ipアドレスを隠す

政府監視を止める

今日では個人情報であるかどうか関係なく、各政府が国民のインターネットアクティビティ追跡し常に把握しているといえます。例えば、ジャーナリストは企業秘密を暴いたりする際、必ずVPNサービスを使用しIP 隠すことをしてから調べているそうです。

検閲をバイパス

ネットフリックスような動画配信サービスは国や地域により視聴可能なコンテンツを制限しています。ネットフリックスにあるはずの韓ドラや海外映画が見たいのに、検閲なためアクセスできないことも頻繁にあります。IPアドレスを隠すこと、世界各国のサーバーに繋げることで見たいコンテンツを安全にすぐ視聴できるようになります。

このように、VPNを利用する(IPアドレスを 隠す)とネット上で自分を守る安全対策になるのはもちろん、インターネットを自由に使うことを可能にし様々なコンテンツにアクセスできるようにもなります。特にExpressVPNは、業界最速サービス、高度な暗号化システム、安心な返金保証期間を全てお手頃価格で提供するのでIP アドレス 隠す 方法としていちばんおすすめしています!

ExpressVPNを入手
30日間無料!

IPアドレスを隠すポイントまとめ

IPアドレスはオンライン上の身元を特定するための住所のようなものであり、企業会社は広告やマーケティング目的でこれを追跡し活用したり、売ったりする。また、政府もオンラインアクティビティの監視を行うことがあります。IPアドレスを隠すことこそがポイントです。IP アドレス 隠す 方法はいくつかあっても最も安全で効率的なのはVPNだといえます。人気のある安全対策方法なため優秀なものも多くあるので自分に合ったIP 隠すを試してみることをおすすめします!特にExpressVPNは業界最速サービス、高度な暗号化システムそして30日間の全額返金保証を提供するのにお手頃価格で利用できます。ネットなしでは生活が困難な今日。身を守ることを最優先して使用することを心がけましょう!

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

Privacyinthenetwork.com