2022年日本からでも安全な MLB 中継 を見よう!

野球ファンには待ち遠しいMLBが近づいてきました!日本からメジャーリーグ 放送を視聴するにはどうすればいいのでしょうか?実は、日本では視聴方法が限られています。その中でコスパの良いもの、品質が良いものを比較しながら最もおすすめな視聴方法をピックアップしました。自分に合った MLB 中継 方法を選んでいきましょう!

試して見る
MLB中継を見るならExpressVPN!

MLB生放送を日本から見たいならExpressVPN!業界最速実績があるからこそラグのない放送、そしてフルHDで試合の一部始終を見よう!リスクフリーの30日間返金保証期間でお試しを!

日本動画配信サービスでMLB 中継を見るには?

日本からはどんなサービスを通してメジャーリーグ 中継が視聴できるのでしょうか?

海外(特にアメリカ)ではテレビ放送、ネット中継、ラジオ放送など様々な方法でメジャーリーグ 放送が楽しめる一方、日本ではJ Sportsでしか視聴できません。

J Sportsは基本的に国内のスポーツ動画配信サービスで高校、大学のアマチュアでマニアックな試合を配信しているプラットフォーム。オンデマンドもあるもののメジャーリーグ ストリーミングをしていないためテレビ放送でしか見ることができません。

MLB 視聴VPNのメリット

また、スカパー契約が必要なためACASカードやB -CASカードが必要です。日本人選手の試合を中心に配信し、初月契約は無料。以降はNetflix(最安プラン)よりも2、3倍お高めな料金になります。

ここで注目したいポイントは、

  • 日本からメジャーリーグ生放送を見る手段が限られていること(国内のみ使用可)
  • MLB 視聴がオンデマンドできないこと
  • MLB 生 中継の一部始終が見れるわけではない
  • テレビチャンネル契約をしなかればいけないこと
  • 高額なサービスであることです

そもそも日本からMLB 中継の視聴が困難なのはなぜ?

メジャーリーグ生放送だけに限らずこうして日本でネット配信コンテンツが制限される理由はジオブロックによるものです。簡単に言えば、コンテンツ保持者が権利を持つ地域以外に対し、視聴制限をかけ、コンテンツへのアクセスをできないようにする措置のことを指します。日本では放映権を得るだけの条件を満たしているプラットフォームが少なく、海外コンテンツ見る方法、或いはコンテンツの内容そのものが限られますMLB 視聴ができないのもそのためです。

ストリーミングのメジャーリーグベースボール

でも、ご安心ください!日本からメジャーリーグ 生放送を視聴する方法はまだあります!このジオブロックはIPアドレス(オンライン上のデバイスアドレス)をもとに発動しています。このIPアドレスの特定をさせなければメジャーリーグ 放送全試合はもちろんですが、世界中のコンテンツを自由に楽しめるようにもなります。このIPアドレスを安全の移動させたり、匿名にさせることでMLB 中継全試合にアクセスできるわけです!

ExpressVPNを入手
30日間無料!

ジオブロックをアンブロックする方法は?

今回、活躍するサービスがVPNサービスなんです!IPアドレスの位置変更と匿名化を可能にし、安全第一に海外コンテンツのアクセスを可能にする超優秀サービスです。実は、VPNサービスはどの国や企業会社でも使用しているものでネットセキュリティ、個人情報保護対策として世界中でも使用されています。企業秘密や雇用者、ユーザーの個人情報の漏洩を防止し、オンライン環境の自由化を可能にしています。

使用方法

  1. アカウント作成
  2. アプリをインストール
  3. アプリを開いてIPアドレスを変更(この場合メジャーリーグ生放送を実行するアメリカに変更することがおすすめ)
  4. ワンタップでVPNをON!
  5. 設置完了! J Sportsでメジャーリーグ 放送を見たい方そちらに、MLBTV, AmazonPrime, Hulu +LiveTV のような海外サイトやアプリでMLBを見たい方はそちらのサーバーに接続できるようになります。

MLB 視聴おすすめVPNサービス!(検証済)

メジャーリーグ生放送VPNプロバイダーを選ぶ際は大切ないくつかのポイントを押さえているものでないとスムーズで何より安全な視聴は楽しめません。例えば以下のような最低条件を満たすものがいいと言われています。

  • MLB 視聴が楽しめるように高速通信、安定している通信
  • データをしっかりと暗号化してくれるもの
  • プライバシーポリシーの規約があるもの
  • セキュリティ対策があるもの
  • お手頃な価格をしている
  • カスタマーサポートがしっかりしている

業界に存在する300以上ものMLB 視聴ができるプロバイダーを実際に何ヶ月にも渡り使用しました。データが漏れていないか、高速通信なのか、価格設定は気軽に払えるサービスなのか、カスタマーサポートの対応はどうなのか様々な面から徹底的にテストしました。特にメジャーリーグ 放送に相応しいおすすめVPNサービスは以下のようになりました!

「無料」VPNには気をつけましょう

「無料」VPNサービスは様々な危険性が伴ってくることを把握しておきましょう。

メジャーリーグ生放送中に個人情報が漏れるリスク

MLB 中継 無料VPNサービスにサインアップするには大体サービス規約に同意しなかればいけません。その規約にはロギングポリシーが記載され、ユーザーがこれに同意するとオンラインアクティビティの追跡が行われます。つまり、ユーザーは常に監視されこの個人情報が第三者(広告会社など)に売られいき「無料」サービスの代償になるわけです。

プライバシー規約やセキュリティ対策がないためマルウェアに遭いやすくなったり、データ傍受に繋がったり、帯域幅が勝手に売られたりすることも少なくありません。

サービス内の制限が不便

元々サービス品質は良くないのに、その上にサービス制限もかかってくるので不便だけでなく腹立たしい思いをする方も多いです例えば、通信速度がかなりひどかったり、接続サーバー数が制限されたり、データー容量が限られます。スムーズで安定した接続はできませんし、好きな国へのIP変更もできません。MLB 中継中に通信が切れることだって多いにありえます。

MLB 中継を日本から視聴する

残念ながらVPNサービスはこのように「無料」だからと言って得できるわけではなく、個人データや安全性が代償となり損するばかりなんです。

ここでおすすめしたいのがExpressVPNです。有料プロバイダーではあるものの、プレミア品質をお手頃価格で提供。個人情報保護もセキュリティ対策もバッチリ!業界最速VPNとも知られ海外MLB 視聴 方法にはもってこいのプロバイダーです!しかも、30日間リスクフリーで試すことができるんです!(メジャーリーグ生放送期間中でけに使用するのもあり!)

VPNサービスその他のメリット

  • ジオブロックを突破(センサーシップに負けない)   IPアドレスの変更と匿名化を行い、ユーザーの安全なオープンネット使用を保証します。また、VPNのようなプライベートサーバーを弾こうとするサイト(NetflixやHuluなど)に負けず、スムーズで安定した通信接続が可能です。メジャーリーグ 放送も大いに楽しめること間違いなしです。
  • セキュリティとプライバシー保護を強化   ユーザーのデータを全て暗号化し、第三者からの監視を不可能にします。公共Wi-Fi使用時にも発動する256ビット暗号化方法やDNSリーク防止機能などがありボット、政府、企業からネットトラッキングを心配する必要はありません。なので、飲食店などでも気軽にメジャーリーグ生放送の視聴ができてしまいます。

ExpressVPNを入手
30日間無料!

まとめ

日本からMLB 中継を視聴する方法は限られ、さらにジオブロック規制もあるため試合、インタビュー、特別コンテンツが試しめるわけではありません。VPNサービスを利用することによりジオブロックの突破だけでなくオンラインセキュリティ対策にもなります。

危険なMLB 視聴無料VPNサービスは極力避け、ExpressVPNみたいなプレミアムサービスを使用し、安全、高速、高品質な海外のコンテンツアクセスをしましょう。実質無料で30日間試すこともできるので是非チェックしてみてください!以上、日本からメジャーリーグ 放送を視聴する方法についてご紹介しました!

声をお聞かせください!

コメントする

Privacyinthenetwork.com