どこでも MotoGP ライブ ストリームを見る

今年こそ開幕決定となったMotoGP 放送(オートバイロードレース世界選手権)!日本が誇る「ホンダ」、「ヤマハ」、「スズキ」と言ったメーカー陣のモンスターマシンが世界を舞台に活躍します。そんな誇らしいオートバイだけでなく、なんといっても時には接触をし、フィニッシュラインギリギリまで熱い戦いを繰り広げるライダーたちの技術も MotoGP ライブ の大きな魅力の一つですよね。日本代表選手は8人も出場し、オートバイファンにとっては見逃すことのできない大イベントとなっています。長期間に渡るレースですが開催日程や開催地が毎回異なります。MotoGP スケジュールによれば1戦目は3月28日、カタール開催になりますが、MotoGP 日本にいながらも1戦目からスムーズに気持ちよくレース視聴ができる方法をご紹介したいと思います!実は、MotoGP を 見る に はフルHDで高速通信そしてどんな地域にいても観戦を可能にするのがVPNです。そちらの説明といちばんおすすめするNordVPNについて紹介していきます!

NordVPNの購入はこちら
NordVPNで究極の保護を手に入れましょう!

ほとんどのサービスを確認した後、NordVPNはプライバシー、ストリーミング、トレントに最適なVPNであると認識しています。期間限定で、大幅な割引と30日間の返金保証が受けられます。

更新日:2021年 9月 12日

なぜ MotoGPライブ を視聴するためにVPNが必要なのか?

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、IPアドレス(ご自身が世界のどの国に位置付けられているかを識別する固有の番号)を変更を可能にします。そうすることでオンライン上、まるでその国にいるかのようにインターネットの使用、閲覧が可能になります。VPNなしでインターネットを使用する場合、日本にいる以上、自動的に日本IPアドレスを使用することになり日本向けの、日本だけに限られたコンテンツを使用、閲覧する(MotoGP 放送が決まったプラットフォームでしか見れないもしくは全然見ることができない)ことになります。一方、VPNを利用することで例えば、アメリカ、イギリス、ドイツなどにIPアドレスに変更することで、MotoGPストリーミングといったイベントの視聴が日本からでも可能になります。他にもVPNはオンライン上の身元を隠す役割もあるので政府、会社やハッカーからも身を守ることができます。ここまで言うとVPNは怪しい違法的なものに聞こえるかもしれませんが、実は政府や会社などもセキュリティー目的でこちらを利用し、情報漏れやハッカーから身を守っているため逆にVPNがない社会はあり得ないのです。こうしてコンテンツのアクセス拡大とオンライン上のセキュリティーを提供するのがVPNでありMotoGP を 見る に はもってこいのサービスです。MotoGP 放送の視聴が自由になります!

MotoGPライブ

MotoGPライブ ・MotoGP 放送の視聴におすすめなVPNは?

MotoGPストリーミングの視聴観戦ができるVPNの選ぶポイントとしては、

  • 国々のサーバーアクセスできる数
  • セキュリティの信頼性
  • 速さ/フリーズやバグの有無
  • 画質の質
  • 使用できるデバイスやストリームサービスの多様性
  • 料金/保証

などがあります。特に新幹線よりもスピードが速いMotoGP ライブレースだと言われていますが、そんなMotoGP を 見る に は高画質、高速通信、バグフリーでなければ困りますよね。これらの条件を満たしているVPNサービスが以下のようになります。

MotoGPストリーミングを見る際のVPN使用方法

VPNでMotoGP を 見る に は、動画配信サービス(HuluやAmazon Primeなどなど)と同時に使用する必要がありますが、持っていないという方でも無料トライアル期間中のものでも有効なアカウントであれば、利用可能なのでご安心ください。

  1. VPNアカウントを作成(購入)
  2. アカウント作成完了後に送信されるメールに従う(MotoGPオンラインストリーミング可能なストリームサービスをお持ちでない方は会員登録、無料トライアル登録をする)
  3. Hulu、Amazon PrimeなどMotoGPライブストリームが可能なストリームサーバーにつなげる
  4. VPNを好きな国のサーバーに接続
  5. 動画配信サーバーを開いたらMotoGPストリーミングを思う存分楽しむ!

MotoGP 放送

無料VPNを利用してMotoGP 放送は視聴できる?

インターネット上で”無料VPN”の利用が可能というサービス会社もあるかもしれませんがこういったVPNは最低質のサービスを提供するのでおすすめはできません。例えば、地域IPサーバーのアクセス数が1個か2個だったり、 一つだけのタブ、ブラウザー、デバイスしか使うことが許可されません。速度や画質も劣り、カスタマーサポートがない場合も多くあります。ExpressVPNは初めてサービスを購入してから30日間全額返金保証があります。ご満足頂けない場合はライブチャットかメールで24時間対応のカスタマーサポートに連絡してください。なので、サービスに満足しなければ実質無料でこちらのVPNを体験することができます。返金保証期間中でも地域IPサーバーのアクセス、画質、通信の速さ、デバイスタイプに全く制限なく、ベストなMotoGPストリーミング・MotoGP 放送の視聴と本来のサービスそのものを体験することができます!Moto GP を 見る に は欠かせない条件が勢揃いです!

NordVPNを入手
30日間無料!

他にどこでMotoGPストリーミングの視聴が可能なのか?

日本では他にも MotoGP ライブ を2つの方法で見ることができます。MotoGP を 見る に はMotoGP テレビの視聴方法、日テレG +があります。こちらは1ヶ月無料のサービスとなっていますがいくつかデメリットもあるようです。利用可能になるまでの手順が次のようになります。

  1. スカーパーのアンテナ設置
  2. 光回線開通
  3. ケーブルテレビで視聴が可能

MotoGP 日本

まず、ご覧のように事前の設置費用、設置時間がかかるため、手間がかかるようです。しかも、ケーブルテレビでしか視聴ができないので録画は可能でも、外出中でも生配信を楽しむことはできません。もう1つはMotoGPをオンラインで見る方法、Huluです。会員でない方も2週間の無料トライアルを利用することができます。この間、途中退会をしても料金は一切発生しません。また、そのまま利用したければ、月々1000円代から利用が可能です。テレビ、ゲーム機、スマホ・タブレット、パソコンといったデバイスで利用でき、インターネット接続さえある環境であれば、視聴することができます。Huluの唯一のネックは見逃し配信がないという点です。日本プラットフォームでMotoGP を 見る に はなんだか不便な点がいくつくかあるようです。

NordVPNを入手
30日間無料!

まとめ

海外で開催されるMotoGPストリーミングを日本から観戦するには基本的に2つの方法があることを記述しましたが、アンテナの設置・光回線開通等をしなければならない手間や見逃し配信がないプラットフォームとなっていることがわかりました。一方、VPNを使用することで日本IPアドレスを海外IPアドレスに変更し、日本で放送、配信されないコンテンツ視聴することが可能になることもわかりました。他にも、オンライン上の身元を隠す役割も果たすVPNは政府や様々な会社から個人情報を守るセキュリティー機能もあることがわかりました。新幹線よりも速く走るオートバイを視聴観戦するには高画質、高速通信、バグフリーでしかも低価格なものがいちばん望ましいかと思います。有料VPNサービスは基本的にフルHD、高速通信を嬉しいコストパフォーマンスを実現し、さらに30日間全額返金保証付きでもあるサービスなのでMotoGP を 見る に はもってこいのものです。満足いかなければ実質無料で使用することができます。遅い通信やバグのせいで1秒もMotoGP ライブ・MotoGP 放送を見逃したくないという方は是非VPNをお試しください!

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

Privacyinthenetwork.com