自分にぴったりのVPN おすすめプロバイダは?【2019年版】

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、データ保護投資に最適なツールだと言えます。この1つのソフトウェアで、ハッカーによるシステム侵入を防ぎ、ネットワーク盗聴者や監視機関を阻止し、検閲を回避することができます。VPN おすすめサービスのレビューやおすすめ VPN購入方法を探しているのであれば、この記事を参考にしてみてください。おすすめ VPN 比較し、よくある質問にもお答えします。

VPNとは何? どういう仕組み?

2019年のVPN おすすめプロバイダを紹介する前に、まずVPNとは何か、そしてその仕組みを理解しておくことが大事です。VPNとは基本的に、パソコンとVPNサービス間にて暗号化された接続(トンネルと呼ばれる)を確立するネットワークです。もともと、VPNは在宅ワークや会社のファイルに遠隔アクセスしたりするために使用されていました。旅行先や自宅からでも、従業員がまるで社内にいるかのように社内ネットワークに常駐できます。

この暗号化されたトンネルは、トラフィックが正しい目的地に到達することを確実にします。また、インターネットサービスプロバイダ(ISP)からユーザーのオンラインアクティビティを隠してくれます。すでに知っている方もいるかもしれませんが、ISPは意図的にバンド幅を遅くして、ストリーミングやトレントを妨げたりします。

まだ仕組みがよくわからないという人は、インターネットが超高速道路で、他の多くの車と一緒にあなたも車を運転していると想像してください。他のすべての車から、あなたを見ることができます。どの車もあなたの車について行くことができ、どこに行こうが家に到着するまで後をつけることができます。そして、あたなの住所を知ることができます。また、彼らはあなたの車の窓を覗いて車の中に何があるのか見ることができます。かなり気味が悪いですよね?

VPNを購入することは、他の車が利用できない自分専用のプライベートトンネルを持つようなものです。したがって、あなたがどこに行くのか、いつ帰宅するのか、何をしているのか、車の中に何があるのか誰も見ることができません。

しかし、VPNはあらゆる種類の脅威に対するオールインワンの防御対策ではありません。VPNは、マルウェアを誤ってダウンロードしたりフィッシング詐欺からユーザーを保護することはできません。このような脅威から保護するには、最良なマルウェア対策ソフトか自分の判断力が必要です。何かおかしいと思ったら、その直感はおそらく当たっているでしょう。でも、インターネットを安全かつ匿名でブラウズしたい場合、VPNは最初の防衛ラインだと言えます。

VPN おすすめプロバイダは、ユーザーデータをハッカー、監視機関、ネットワーク盗聴者から保護してくれます。クッキーを使用するサイト(事実上すべてのウェブサイト)、及びユーザーデータを利用して大量の広告を浴びせるサイトは、業界のおすすめ VPNサービスとは匹敵になりません。当サイトのVPNレビューにて、あなたに最適なVPN おすすめプロバイダをチェックしてみてください。そんな時間はないという人には、下記のランキングを読んでVPN 比較してみてください。

VPNって必要?

あなたは頻繁にインターネットを使いますか? 買い物をしたり、支払いをしたり、インターネットバンキングをしたりしますか? ソーシャルメディアやメールアカウントを持っていますか? そうであれば答えは「はい」です。インターネットをそれほど頻繁に使っていないとしても、VPNは必要不可欠です。モバイルデバイスやパソコンを持っていてインターネットを使うのであれば、VPNはセキュリティ対策投資に最適なツールの1つだといえます。

メール、またはFacebook、Twitter、InstagramやLinkedInなどのソーシャルメディア アカウントを持っているのであれば、VPN おすすめサービスであなたのデータを保護することができます。保護されていないと、あなたの情報は簡単に傍受、保管、利用されてしまいます。また、IPアドレスから個人情報を特定することもできます。そこでおすすめ VPNは、あなたのIPアドレスを隠しアドレスを偽装することでオンラインアクティビティでの匿名を維持することができます。

ビジネスマン、旅行者、駐在員やジャーナリストは、滞在国でネット検閲を回避したり地域制限のあるNetflixなどのコンテンツを視聴するためにVPNを使用しています。アラブ首長国連邦、中国、キューバのような国では、厳しいネット検閲が行われています。頻繁に使用するアプリでさえ禁止されています。VPNを使用することにより、他国で規制されているサイトやアプリにアクセスすることができます。

ファイル共有ソフトのピアツーピア(P2P)を使用したい人にとって、VPN アプリ おすすめです。なぜならトレントも利用できるからです。すべてのVPN アプリ おすすめサービスで使用できるわけではないので、選ぶ際にP2Pを提供しているかどうか確認が必要です。

どうやって有料おすすめ VPNを選べばいいの?

以前は数限られたVPNプロバイダしか存在しなかったので、プロバイダを絞り込むことは簡単でした。最近では、世界で最高のVPNであると主張するプロバイダが数多くあります。どのサービスが一番セキュリティ対策として有効でお得に契約できるのか、VPN 比較することは大変困難になっています。さらに最悪なのが、監視を回避したいという顧客を騙すVPNを偽ったサービスが存在することです。

自分のニーズが何であれ、VPN 比較する際に常に考慮するべきポイントは次のとおりです。ブランドの評判(長年にわたり信頼を築いてきたVPN おすすめプロバイダか)、暗号化の強度(ほとんどのVPN アプリ おすすめサービスは軍用グレードの暗号化を使用しています)、サーバー数(オプションが多いほど良い)、ログ記録なし(ユーザーのアクティビティデータが全く保存されない)、使いやすさ、そして顧客サポートです。

契約する前にとりあえず試してみたいという人には、無料VPN おすすめサービスもあります。でも、無料なので広告が表示されたり、限られたサーバーから選択したり、データ使用量が制限されていたり、アクティビティのログ記録されたりします。

フルサービスの有料おすすめ VPNを利用したい人は、無料トライアルまたは返金保証を提供しているかどうかを確認しましょう。有料VPN おすすめプロバイダが提供している機能を契約せずに試すことができます。短期契約をして、あなたのニーズに合ったVPNサービスかどうかを判断することもできます。

VPNはインターネットの全ての問題から守ることはできる?

以前当サイトでお話ししましたが、もう一度VPNの機能と限界について詳しく説明したいと思います。確かに、VPNは優秀な技術ですが、あらゆる問題に対するワンストップの解決策ではありません。

VPN おすすめサービスは、マルウェア対策として使用するツールではありません。VPNはデータとファイルを違う方法で保護するため、ウィルス、ランサムウェア、アドウェアからユーザーを守ることはできません。マルウェア対策ツールがトラフィックを暗号化することができないのと同じことです。情報窃盗やパソコンに悪意のあるファイルがダウンロードされることを防ぐには、両方のツールが必要だというわけです。

インターネットをブラウスする際に完全に匿名にしたい人は、Torブラウザを使用してください。接続が遅くなり高速読み込はできませんが、匿名状態を保つ効率的な方法です。Torブラウザは、目的地に達する前にボランティアノードを飛び回って作動します。通常のVPNではできない深層ウェブへのアクセスにも使用できます。

VPNはDNS攻撃やフィッシング詐欺を防止することもできますが、この罠にハマる人がいます。既にVPN アプリ おすすめサービスを使用しているからといって決して安心してはいけません。常識と慎重さは依然として安全を保つ最も安価な方法です。HTTPS ウェブサイト(URLの前に鍵マークがあるWebサイト)だけにアクセスし、フォームを入力する際はセキュリティ保護のないサイトに警戒してください。

無料VPNと有料VPN 比較!どちらを購入するべき?

ほとんどのVPN アプリ おすすめサービスは有料で、料金プランは月額6~12ドル程度かかります。そんなにお金をかけたくないという人には、月額料金のかからない無料VPNサービスもあります。使用・ダウンロードするのは無料ですが、欠点があります。

無料VPNサービスのデメリットは、迷惑な広告の表示です。サービス料金を支払っていないので、アプリ開発者は何らかの方法で収益化しなければなりません。その収益化の仕組みは広告表示です。頻繁にポップアップ広告が表示されても構わないという人には、無料VPN アプリ おすすめです。一部のVPNプロバイダは、ビデオ広告を視聴したユーザーにクレジットやポイントを提供したりもしています。

無料VPNのもう一つのデメリットは制限があることです。サーバ・データ使用量・バンド幅・使用できる機能など制限があり、有料VPNが提供するフルサービスを利用できません。たとえば、最も人気のある無料VPN おすすめサービスの1つであTunnelBearは、サーバー制限はありませんがデータ量500 MBと制限があります。(友人にTunnelBearを紹介することでデータ量を増やすことができます)。Hotspot Shieldの無料プランには同時接続数に制限はありませんが、米国のサーバーのみにしか接続できません。

このような条件でも問題ないというのであれば、無料VPNでサービス料金を節約できます。ただし、「同意する」をクリックする前に詳細を必ずよく読んみましょう。無料VPNサービスの中には、アクティビティのログ記録をするものがあるので注意が必要です。お金を節約しても自分のデータが危険にさらされるのであれば、お金を払ってでも安全・安心なサービスを使用する方が賢明です。

VPNを購入したいという人は、当サイトのレビューを参考にしてください!

当サイトでは頻繁に2019年度のVPN おすすめプロバイダ情報を更新しています。ユーザーから人気のプロバイダのキャンペーンや割引特典情報のほか、VPN 比較、知って得する役立つ情報を掲載しているので参考にしてみてください!